Sony

ニュース

「中国に恩返し」ソウル市長が遺体で発見=中国でも衝撃「韓流ドラマみたい」

  • 2020年 07月10日 16時00分
  • 提供元:Record China
10日、中国中央テレビの微博アカウントは、行方不明になっていた韓国・ソウル市長が遺体で発見されたと報じた。

写真拡大

10日、中国中央テレビの微博アカウントは、行方不明になっていた韓国・ソウル市長が遺体で発見されたと報じた。

2020年7月10日、中国中央テレビの微博(ウェイボー)アカウントは、行方不明になっていた韓国・ソウル市長が遺体で発見されたと報じた。



同アカウントは、10日午前0時40分ごろ、前日より行方不明になっていた朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長の遺体がソウル市城北区の臥竜公園付近で見つかったと伝えた。



また、新浪新聞の微博アカウント・微天下は、朴市長が数カ月前に発表した中国向けの動画メッセージを紹介。動画の中で朴市長は「5年前、中東呼吸器症候群により苦しんでいた時に、中国から大きな支援を得た。今はその恩を返す時だ」と語り、新型コロナウイルスの感染が拡大していた中国に対して「恩返し」をする姿勢を示していた。



この件について中国のネットユーザーは「中国に対して友好的で公平な人だった。それ以外のことは分からないが、それでも追悼に値する人物だ」「彼の『今は恩を返す時だ』という言葉は永遠に忘れない」「セクハラ事件から逃れるため、という理由が信じられない」「気候変動や大気汚染を重視するいい市長だと思っていたのだが……」など、その死を悼むメッセージを残している。



また、「韓国の市長は危険な職業だ」「韓国って、本当に韓国ドラマみたいにドロドロしてるんだな」「だから中央集権にメリットがあるのだ」といった感想も見られた。(翻訳・編集/川尻)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真