Sony

ニュース

どの仮想通貨がよかった? 明大はイーサリアム、慶大リップル、専大はビットコイン【カソツー大学対抗戦 第11週】

  • 2020年 07月10日 16時15分
  • 提供元:J-CAST
https://www.tradingview.com/x/qqY5xnwM

写真拡大

https://www.tradingview.com/x/qqY5xnwM

コワーキングスペースで執筆作業に勤しんだという明治大学のITは、上昇トレンドを信じてイーサリアムを買ったものの、思うように伸びず、わずかな含み損が生じた。慶応義塾大学の馬医金満は、リップルがさらに下げたところを買い増したものの、浮上せず。1万円を割りこみ、「かなり焦っている」。

ビットコインで攻めたのは、専修大学のゆう。1BTC=96万円の指値に、安値が96万2500円とギリギリ届かず。ちょっと残念。「焦らず行きたいと思います」と、気持ちを切り替える。


イーサリアム「買い」も「短気目線になりすぎていた」(明治大学)

現在、大学の先輩に紹介してもらった新宿のコワーキングスペースで、この記事を書いています。「今ちょうど無料キャンペーン中だから利用してみよう」と言われて、来てみたのですが、内装もおしゃれで設備も充実。無料ドリンクもあり、至れり尽くせりです。


ふだん私は近くのファストフード店で作業しているのですが、たまにはこういった、ちゃんとした場所で作業するのも良いものです。


このコワーキングスペースもそうですが、本当に東京にはいろんなサービスがありますね。地方から東京に上京してきた大学生の一部が、都会の誘惑に負けて遊び呆けてしまう気持ちもわかります。私はそうならないよう気を付けなければ。


7月2日16時30分、契約数15で、イーサリアム228.45ドルから成り行きで買いました=上図参照。理由は、6月28日3時の急落以降、戻し売りをはさみながらも、高値と底値が共に切り上げていた。すなわち、上昇トレンドだったからです。


28日3時以来、売りの勢いを3回跳ね返して上昇していたので、4回目の上昇を狙っての買いでした。もちろん、2回目の上昇直後、3回目の上昇が起こるまで少し時間を要したので、4回目の上昇にどれくらい時間を要するのか不安なところもありましたが、上昇トレンドを信じて買いました。


7月4日、4回目の上昇は起こらず、3日0時、逆に急落しました。一時、6月28日の実体の底値まで下がり、その後反発はしましたが、全戻しとはなりませんでした。やはり、短期的な目線になりすぎていたかもしれません。


週足でイーサリアムのチャートを見ると、3月9日のコロナ・ショックによる急落以降、上昇トレンドでしたが、現在は上図の青いレジスタンスライン(上値抵抗線。相場がその水準よりも上昇しないと思われる水準のこと)が意識され、下落するか否か微妙な位置にいます。


すなわち、相場の方向性がいま一つはっきりしない状態です。こういった相場だと、なかなか取引に踏み切ることができません。もう少し相場の方向性がはっきり見えると判断が下しやすいのですが、今後下降トレンドになると、かなり難易度の高いトレードに迫られます......。


◆ 児山将のワンポイントアドバイス

イーサリアムはここ最近、強い動きとなっています。主要仮想通貨で直近1か月の高値圏にあるのは、イーサリアム、バイナンスコイン、ステラ、トロンといったところ。当初2020年1月にリリースを予定していたイーサリアム2.0の遅延に関して、創設者であるヴィタリック・ブリテンが後悔しているとコメントしていました。ただ、遅延は投資家にとって既定路線であることから価格への影響はほとんどないと思われます。なお、ローンチは今のところ11月になると予測されています。

前週からの損益  プラス・マイナスゼロ

7月3日現在        1万217円


保有する仮想通貨     イーサリアム


リップルを買い増し!(慶応義塾大学)

みなさん、こんにちは。馬医金満です。


今週(6月29日週)も、ビットコイン(BTC)を中心とした仮想通貨全体で重い1週間となりました。


今週は海外の証券取引所の数値も見てみると、上海総合指数が週の後半にかけて急上昇し、2019年4月以来の水準に達しました。経済指標が予想を上振れ、製造業が回復を見せていることが好材料だと感じられたのだと思います。おそらく、この高騰を受けて、また資金が移動したのかなと分析しています。やっぱり証券指数と逆相関の関係になっているんですかね。実際にビットコインは1週間の騰落率が4週連続でマイナスとなっています。


ビットコインは現在1BTC=97万円台を推移しており、リップル(XRP)はかなり落ち込んでいて1XRP=19円台にまで下落しています。


さて、今週の取引ですが、リップルがさらに下がって19円台をさまよっているので、買い増すことにしました。新たに3000円分を購入して、かなりポートフォリオ的には歪んでしまっています。


市場の動向で20円台まではすぐに回復する可能性があると思っているので、上がった瞬間に売ろうと思っています。


現状のトータル金額は、前週に比べてマイナス256円の9760円です。久しぶりに1万円を割ってしまって、かなり焦っていますが、今月中に戻れると思うので、じっくりと行きたいと思います。


では、また来週!


◆ 児山将のワンポイントアドバイス

過去1年間の安値水準である1XRP=19円台での買い増し、お見事です。ここ1週間で時価総額が1500億円以上のアルトコインでは最大となる13%の上昇率を記録しました。目立った材料は乏しいですが、売り方の買戻しや値ごろ感での買いやすさから、上昇に弾みがついたように思えます。可能性の一部として、SBIホールディングスが、ポートフォリオの50%をXRPとするで仮想通貨ファンドを計画しているという報道を受けて、どこかのファンドが買い付けたという予想もできます。

価格的な明るい話題が乏しかったリップルですが、久しぶりに注目が集まりそうですね。

前週からの損益    マイナス256円

7月3日現在         9740円


保有する仮想通貨      リップル


指値にギリギリ届かず、残念(専修大学)

おはようございます。専修大学のゆうです。


今週(6月29日週)の総資産は、前週と変わらずの1万276円です。今週の取引はありませんでした。一応、ビットコイン(BTC)を指値注文で、1BTC=96万円で注文していましたが、注文には至りませんでした。この注文は、現状そのままにしてありますが、状況に応じて変更します。


6月29日0時~7月5日 0時までのビットコインの相場ですが、安値が96万2500円、高値が99万9900円でした。指値にギリギリ届いていなかったので、ちょっと残念でした。


知っていた方からすると「今さらかよ」という方がいるかもしれませんが、ビットコインの始値、高値、安値、終値の4本値のCSVデータを出力するツールを見つけて、それを使い、今回の安値、高値を調べてみました。これでデータ分析をやってみるのも、おもしろそうです。自分なりに勉強してみます。


7月6日~7月13日の相場ですが、日本でも新型コロナウイルスの「感染第2波」によって再び緊急事態宣言が出される可能性がありそうなので、相場の混乱には注意したいです。おそらく、一時的に売り注文が出される形なので、焦らず行きたいと思います。


ここ最近、花札にはまっていましてスマホのアプリでオンライン対戦もできました。「いい時代になったな!」と感じました。


◆ 児山将のワンポイントアドバイス

前週の仮想通貨市場も値動きが乏しく厳しい展開でしたね。ただ、7月2日のビットコインの難易度調整以降、少し状況が変わってきたように思います。

ビットコインのハッシュレートは1日半程度で30%ほど跳ね上がる動きを見せ、過去最高値まで駆け上がりました。その後も、高い水準を維持していることから、週明けに動意した可能性も考えられます。

また、週明けから強い動きを見せている中国株とともに仮想通貨も上昇してきました。情報サイト(Bitcoinization)によると、ビットコインの売買の7割以上が中国とされています。これは偶然でしょうか。今後、中国株と仮想通貨の相関性を気にしたいところです。

前週からの損益    プラス・マイナスゼロ

7月3日現在          1万276円


◆ 今週も取引を見送りました。(中央大学)


前週からの損益  プラス・マイナスゼロ

7月3日現在          1万円


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真