Sony

ニュース

米国はもう「丘の上の輝く町」ではない、多くの米国人が認識―中国メディア

  • 2020年 07月10日 16時40分
  • 提供元:Record China
参考消息(電子版)は6日、多くの米国人が米国はもはや「丘の上の輝く町」ではないと考えていることが世論調査で明らかになったと報じた。写真は米ワシントンDCのリンカーン記念館。

写真拡大

参考消息(電子版)は6日、多くの米国人が米国はもはや「丘の上の輝く町」ではないと考えていることが世論調査で明らかになったと報じた。写真は米ワシントンDCのリンカーン記念館。

中国国営新華社通信系の参考消息(電子版)は6日、多くの米国人が米国はもはや「丘の上の輝く町」ではないと考えていることが世論調査で明らかになったと報じた。



ロシアの通信社スプートニクの3日付報道を引用して伝えたもので、それによると、1989年、当時のロナルド・レーガン米大統領は、米国を「丘の上の輝く町」になぞらえた。米国は世界の模範であるという意味だが、米国人は現在の米国をそのようには見ていないようだ。



Yahoo! NewsとYouGovの最新の世論調査によると、米国人の52%は、レーガン氏の発言当時、米国は確かに「丘の上の輝く町」だったと考えていて、それに同意しない割合は21%だった。



一方、米国人の62%は、米国はもう「丘の上の輝く町」ではなくなったと考えており、まだ「丘の上の輝く町」だと考えている人は17%にとどまった。



また、米国人の40%が、米国を「価値観、歴史、政治制度が普遍的に称賛に値する格別な国」であると考えているのに対し、60%は、米国を「他の国と同様に独自の強みと弱みを持つ国」とみなしていることも分かった。



調査は6月29日から7月1日まで行われ、米国人1525人が参加した。(翻訳・編集/柳川)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

風刺紙旧本社付近で襲撃 パリ別ウィンドウで開きます

5年前にテロ事件が起きたフランス風刺週刊紙シャルリエブドのパリの旧本社付近で25日、男が刃物で通行人らを襲撃し、2人が重傷を負った。警察は男を含む容疑者2人を拘束。写真は負傷者を運ぶ消防隊。【AFP時事】[記事全文]別ウィンドウで開きます【関連記事...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真