Sony

ニュース

「陳情令」のシャオ・ジャン、完全復帰へファンも貢献、ブレーク前の心温まる行動も

  • 2020年 07月23日 11時40分
  • 提供元:Record China
中国の俳優シャオ・ジャンのファンが集まるチャリティープロジェクトが、短い時間で多額の寄付金を集めて慈善活動に貢献。1日も早い完全復帰を目指し、ファンも一丸となってイメージ回復に努めている。

写真拡大

中国の俳優シャオ・ジャンのファンが集まるチャリティープロジェクトが、短い時間で多額の寄付金を集めて慈善活動に貢献。1日も早い完全復帰を目指し、ファンも一丸となってイメージ回復に努めている。

中国の俳優シャオ・ジャン(肖戦)のファンが集まるチャリティープロジェクトが、短い時間で多額の寄付金を集めて慈善活動に貢献。1日も早い完全復帰を目指し、ファンも一丸となってイメージ回復に努めている。



昨年、時代劇ファンタジードラマ「陳情令」でブレークしたシャオ・ジャンだが、思わぬアクシデントに見舞われたのは今年2月のことだった。同人小説のプラットフォーム「AO3」の投稿小説の内容をめぐり、シャオ・ジャンの熱狂的ファンが抗議したことで中国政府のネット検閲システムも動かす「227事件」が発生した。「ファンの不始末はスターの責任」の形で、ファンの異常行動に足を引っ張られ、活動を制限されることとなった。



シャオ・ジャンのファンが集まって慈善活動を行う中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のアカウントでこのほど、過疎地域を対象にしたチャリティープロジェクトが約65万元(約990万円)の寄付金を集め、達成率は107%に。また20日には、豪雨による冠水被害に見舞われたシャオ・ジャンの故郷・重慶市への寄付金が、開始から1時間弱で45万元(約700万円)を突破。シャオ・ジャンのイメージ回復のため、努力するファンの姿が見られる。



活動が制限を受ける中、近頃は熱心にチャリティーに取り組む様子を見せているシャオ・ジャンだが、慈善活動への貢献はブレーク前から現在まで続いているとニュースサイトの新浪(SINA)が報道。2016年には保護猫のために1万元(約15万円)以上を寄付しており、当時参加していたチャリティーイベントの写真とともに報じている。



シャオ・ジャンが所属するユニット「X NINE」のリーダー、ウー・ジャーチョン(伍嘉成)によると当時、メンバーの月給は3000元(約4万6000円)だったとのこと。芸能界で先が見えず経済的にも苦しい中での貢献が明るみになり、ネットユーザーからも称賛の声が寄せられている。(Mathilda)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真