Sony

ニュース

大容量のポータブル電源と太陽光で発電できるソーラーパネル

  • 2020年 07月27日 07時00分
  • 提供元:J-CAST
アウトドアシーンや非常時でも電化製品やスマホが使える

写真拡大

アウトドアシーンや非常時でも電化製品やスマホが使える

JVCケンウッドは、「JVC」ブランドから、ポータブル電源「BN-RB10」、ポータブルソーラーパネル「BH-SP100」を2020年7月下旬に発売。

スマホなら約50回充電可

「BN-RB10」は、米Jackeryと共同開発を行い、複数の専門機関による安全性試験および独自の安全基準による検証をクリアした「JVC Powered by Jackery」モデル。同社サービス網によるアフターサービスにも対応する。


容量1002Wh(27万8400mAh)の高効率リチウムイオンバッテリーを内蔵。AC定格1000ワット/瞬間最大2000ワットというJVCのポータブル電源シリーズでは最大の出力と最高の容量を実現し、アウトドアや非常時など電源の取れない環境でも様々な電化製品の使用を可能にする。12ワットのLEDライトが約63時間使用できるほか、スマートフォンなら約50回充電可能とのことだ。


AC100ボルト×3口に加えUSB Type-C×2、同Type-A×2(うち1口はQuick Charge 3.0対応)を実装。12ボルト動作のシガーソケット端子も備える。フラットに折り畳める滑り止めつきハンドルを装備する。


また「BH-SP100」は、最大23%の高変換効率を実現したソーラーパネル×2面を搭載し、最大100ワット出力が可能。太陽光を利用したクリーンな発電を行い、コンセントが使えない環境でもポータブル電源やスマートフォンの充電のほか、USB機器への給電もできる。


パネル部には高耐久性フッ素樹脂「ETFA」を採用し、高い耐候性と耐久性を備える。USB Type-C/Type-A各1口を装備。


いずれもカラーはサンドベージュで価格はオープン。<J-CASTトレンド>


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真