Sony

ニュース

30年前に新型コロナを予言?日本の新聞が話題に=中国ネット「ドラえもんが答え」

  • 2020年 07月28日 11時50分
  • 提供元:Record China
27日、環球網は、今年の新型コロナウイルスの大流行について、日本の新聞が30年前に「神予言」をしていたことが注目を集めていると報じた。

写真拡大

27日、環球網は、今年の新型コロナウイルスの大流行について、日本の新聞が30年前に「神予言」をしていたことが注目を集めていると報じた。

2020年7月27日、環球網は、今年の新型コロナウイルスの大流行について、日本の新聞が30年前に「神予言」をしていたことが注目を集めていると報じた。



記事は、このほど日本のネットユーザーが「1990年5月2日付の岐阜新聞が、『2020年に人類の半数が伝染病にかかる』との予言をしていた」と紹介し、ネット上で議論を呼んでいると伝えた。



そして、当時の紙面内容について、世界保健機関(WHO)がまとめた地球温暖化による健康被害予測を紹介するものだったとし、予測の中で「地球の温暖化に伴い、全世界でマラリアなどの伝染病が大流行し、世界人口の半数近くが感染する可能性がある」と示されたほか、大気のオゾン層が破壊されれば人類の免疫力が低下する恐れがあることが初めて指摘されたと紹介している。



その上で、岐阜新聞が27日に、30年前の「予測」と今年の新型コロナの大流行では細かい部分でさまざまな相違点がある一方、「2020年」「伝染病」「免疫力低下」といったキーワードは共通しており、感染者数も世界人口の半数までいかないものの、すでに200カ国余りで発生しており、今後さらなる拡散が見込まれるなど、大規模な感染であることには相違ないとの見解を示したことを伝えた。



この件について、中国のネットユーザーは「こういった類の予言は信じない。科学的な根拠がないから」「世界人口の半数にはまだまだ遠く及ばないぞ」といった声や、「自分は20年前に『今も結婚できていない』と予言してその通りになった。私は正確で強い予知能力を持っているが、メディアには内緒だ」と冗談めかす声、「なにはともあれ、的中している部分はあるから私は予言を信じる」と肯定的にとらえる声など、さまざまな見方が出ている。



また、記事が漫画「ドラえもん」の中で出木杉くんが「予言なんて、信じないよ。みんな、偶然かこじつけだ」と語った一コマを紹介したことに触れて、「ドラえもんがすでに答えをはっきりさせている」とするコメントも見られ、最も多くの賛同を得ていた。(翻訳・編集/川尻)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

「中国がデジタル通貨発行しても人民元の地位...

中国が今夏、主要通貨の先陣を切って発行したデジタル人民元について、米誌・ニューズウィークは「デジタル版の登場だけで人民元の地位が上がるわけではない」との見方を示した。「基軸通貨としての米ドルの地位を揺るがすほどの大風にはならない」ともみている。 ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真