Sony

ニュース

バルサがラキティッチのセビリア復帰容認 地元紙

  • 2020年 08月02日 19時26分
  • 提供元:日刊スポーツ
バルセロナMFラキティッチ(19年7月撮影)

写真拡大

バルセロナMFラキティッチ(19年7月撮影)

クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(32)のセビリア復帰をバルセロナが受け入れる可能性があるとスペイン紙ムンド・デポルティボが2日に報じている。

ラキティッチは以前よりセビリアでキャリアを終わらせることを望んでおり、これまで何度かそのことを公の場で口にしてきた。そして今夏が妻のラケル・マウリと出会ったセビリアに家族で戻るのに絶好の機会であるとのことだ。

ラキティッチがセビリアのスポーツディレクター、モンチ氏と素晴らしい関係を維持している一方、ピャニッチの入団やデ・ヨングの存在、ビダルの残留の可能性、リキ・プッチのトップチーム昇格により、来季、バルセロナでの役割が減少することを理解しているため、退団の可能性が浮上している。

バルセロナは大幅に収入を失うことを望んではいないものの、例えば最近、練習や新型コロナウイルス検査に顔を見せなかったアルトゥールとは対照的なプロ意識を持ち、さらにネイマール獲得に向けパリ・サンジェルマンとの交渉含むために名前が挙がった時でさえも素晴らしい姿勢を見せ、6年間、非の打ちどころのない姿勢でチームに貢献してきたラキティッチに対して感謝の気持ちを持っているため、選手本人の意思に反した取り引きするつもりはないとのことである。

そのため同紙は、バルセロナが1000万ユーロ(約12億円)のオファーを受けた場合、ラキティッチのセビリア移籍を認める可能性があると伝えている。ラキティッチはバルセロナにとって、投資した金額以上に有益な選手になっており、1000万ユーロというのはラキティッチの残りの減価償却費とほぼ同じ金額となっている。

また21年6月30日まで残るラキティッチを放出することはバルセロナにとって、メンバーの給与総額を下げるのに役立つものにもなる。(高橋智行通信員)

関連ニュース

関連写真

エース離脱の香川のサラゴサ、1部自動昇格を...

香川真司が所属するサラゴサは4日、1部リーグへの自動昇格を要求する公式声明を出した。スペイン2部リーグ最終節デポルティボ-フエンラブラダ戦は、フエンラブラダの選手たちが多数、新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したことにより延期された。これに伴い、...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真