Sony

ニュース

岩手1年ぶりホーム勝利 橋本1008日ぶりJ得点

  • 2020年 08月02日 20時49分
  • 提供元:日刊スポーツ
岩手対C大阪U-23 3連勝を飾った岩手の選手たち(撮影・山田愛斗)

写真拡大

岩手対C大阪U-23 3連勝を飾った岩手の選手たち(撮影・山田愛斗)

<明治安田生命J3:岩手3-1C大阪U-23>◇第8節◇2日◇北上

いわてグルージャ盛岡がセレッソ大阪U-23に3発で逆転して、3連勝と約1年ぶりのホーム勝利を飾った。前半14分に先制されたが、同34分、3月に加入したMF橋本晃司(34)の移籍後初ゴールで同点。その6分後にはMF小谷が逆転弾、後半にはMFモレラトがダメ押し点を奪った。昨年8月18日以来白星がなかったホームで、待ちに待った勝ち点3をつかみ、順位は12位に浮上した。

   ◇   ◇   ◇

米国帰りの橋本が、チームを活気づけた。0-1の前半34分、徐々に主導権を取り戻すと、ペナルティーエリア内に浮き球のパスを供給。FW岸田が必死に右足を伸ばしてゴールを狙うと、GKがはじき、最後はこぼれ球を拾った橋本が、落ち着いて左足で流し込んだ。J2水戸ホーリーホック時代の17年10月28日以来1008日ぶりにJリーグでゴール。これでJ1、J2、J3の全カテゴリーで得点をマークした。

同点弾を振り返り「キシ(岸田)が抜け出してこぼれてくるかなと思って詰めていた。本当にこぼれてきて、ゴールはがら空きだった。相手に触られたが詰めてて良かった」。世代トップとプレーしてきた。星稜(石川)では元日本代表MF本田圭佑、明大では日本代表DF長友佑都と同級生。岩手加入前は一時無所属だったが、本田が経営参画する米オレンジカウンティSCに在籍していた。

ここ最近はプレーに精彩を欠き、2連勝した直前2試合は出番がなかった。「(秋田)監督からは『コンディションが良くないので上げるように』と言われていた。『今日頑張れよ』と背中を押してもらい、何とか結果で応えたかった」と胸をなで下ろした。

橋本は「同点ゴールで、すぐにボールを取りに行って逆転しなきゃという思いで、あまり喜んでいる時間がなかった。次はもっときれいなゴールで喜びたい」。8試合を終えて3勝1分け4敗。開幕5戦未勝利でスタートダッシュに失敗したが、経験豊富な背番号23が逆襲のキーマンになる。【山田愛斗】

関連ニュース

関連写真

エース離脱の香川のサラゴサ、1部自動昇格を...

香川真司が所属するサラゴサは4日、1部リーグへの自動昇格を要求する公式声明を出した。スペイン2部リーグ最終節デポルティボ-フエンラブラダ戦は、フエンラブラダの選手たちが多数、新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したことにより延期された。これに伴い、...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真