Sony

ニュース

京都実好監督、渦中の町田と「やれたことに感謝」

  • 2020年 08月02日 21時39分
  • 提供元:日刊スポーツ

<明治安田生命J2:京都1-0町田>◇第9節◇2日◇サンガS

京都サンガは3試合ぶりに勝利し、今季ホームは4戦全勝とした。通算4勝3分け2敗で5位に浮上。

0-0で迎えた後半36分、味方シュートのこぼれ球をMF金久保が詰めて右足で決勝点を挙げた。同選手は開幕9試合目で初得点。

試合前にはFC町田ゼルビアが、FW晴山に新型コロナウイルスの陽性反応が出たと発表。京都戦の遠征メンバーに濃厚接触者がいなかったことで、両クラブとJリーグの協議の上で試合開催となった。

京都実好礼忠監督(47)は「ウイズコロナのところで、みなさんの協力、尽力があった上で成立した試合なので、やれたことに感謝している。みなさんの協力を大事にし、戦えたことがすごくよかった」と心境を説明した。

MF庄司は「試合前に(コロナの件は)聞いていたし、試合ができることは、いろんな方が感染拡大のリスクを減らしてやってくれているので、僕たちは感謝しかない。特に動揺とかなく、しっかりできた」と振り返った。

金久保の決勝点の数分前には、得点と思われたDFバイスのヘディングシュートの場面が、MF中川のオフサイドで取り消しになった。その後、金久保の決勝点の起点になったMF中川は「チームメートのおかげ」と謙虚に話した。

実好監督は「(バイスの得点が取り消しになり)一番ショックを受けたのは僕です」と冗談をまじえながら「点を取ることは難しい。僕は(ガンバ大阪での現役時代に)1点取るのに10年かかった(=11年目にプロ初得点)。身に染みて分かっている」と独特の言い回しで、貴重な決勝点を評価した。

金久保の得点後は、負傷離脱しているDF森脇が発案した相撲パフォーマンスで会場を沸かせた。前日に森脇から選手に手本を示す動画が届いたという。本拠地全勝について「パワースポットです」と言い切った指揮官。京都がJ1復帰へ一丸となってきた。【横田和幸】

関連ニュース

関連写真

清水ルヴァン杯名古屋戦でルーキー川本初先発...

J1清水エスパルスのルーキーFW川本梨誉(りよ、19)が、結果で起用に応えてみせる。4日は静岡市内で行われた練習に参加。5日のルヴァン杯1次リーグ第2節名古屋グランパス戦(アイスタ、午後7時)に備えた。3トップの一角での先発出場が濃厚だ。1日のJ1...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真