Sony

ニュース

陽性者判明の町田は敵地で敗戦「次につなげる」監督

  • 2020年 08月02日 21時57分
  • 提供元:日刊スポーツ
町田ランコ・ポポビッチ監督(2020年6月27日撮影)

写真拡大

町田ランコ・ポポビッチ監督(2020年6月27日撮影)

<明治安田生命J2:京都1-0町田>◇第9節◇2日◇サンガS

チーム内に新型コロナウイルス感染者が出た町田ゼルビアは、アウェーで京都サンガSCに競り負けた。0-0の後半36分、FWピーターウタカのシュートをGK秋元が弾いたが、こぼれ球をMF金久保に詰められて、これが決勝点となった。

試合前日の1日にU-19日本代表候補合宿に参加していたFW晴山のPCR検査陽性反応が判明。この時点で既に、町田の遠征メンバーは京都入りしていた。試合当日の2日、晴山以外の全選手の陰性と遠征メンバーに濃厚接触者がいないことが確認され、リーグおよび京都との協議の結果、試合の実施が決定していた。

町田はこの3連戦を先発固定で臨んだ。ポポビッチ監督は「前半、体のキレや疲労感はそれほど感じなかったが、イージーなミスが前の試合よりも目立ってしまった」と振り返り、「ただ、苦しい試合はシーズンではある。次につなげないといけない」と前を向いた。

関連ニュース

関連写真

エース離脱の香川のサラゴサ、1部自動昇格を...

香川真司が所属するサラゴサは4日、1部リーグへの自動昇格を要求する公式声明を出した。スペイン2部リーグ最終節デポルティボ-フエンラブラダ戦は、フエンラブラダの選手たちが多数、新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したことにより延期された。これに伴い、...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真