Sony

ニュース

WHO「新型コロナの種を越えた感染の発生地、武漢とは限らず」―中国メディア

  • 2020年 08月04日 17時50分
  • 提供元:Record China
WHOのライアン氏は、「武漢には非典型的な肺炎に特化したモニタリングシステムがあり、警報を出しているが、武漢が新型コロナウイルスの種を越えた感染の発生地であることを意味しない」と強調した。写真は武漢。

写真拡大

WHOのライアン氏は、「武漢には非典型的な肺炎に特化したモニタリングシステムがあり、警報を出しているが、武漢が新型コロナウイルスの種を越えた感染の発生地であることを意味しない」と強調した。写真は武漢。

世界保健機関(WHO)が現地時間3日に開いた新型コロナウイルス感染症の定例記者会見において、緊急事態対応を統括するマイケル・ライアン氏は「中国側の専門家は初期段階における調査情報と検査材料を提供し、大量の優れた科学研究・モニタリングを行った。さらにより広範な遡及的疫学研究により感染者間の関係を研究し、武漢かその他の場所で新型コロナウイルスが動物とヒトの間の壁を越え感染したことを確認しなければならない」と述べた。



ライアン氏は同時に、「武漢には非典型的な肺炎に特化したモニタリングシステムがあり、これによって警報を出しているが、これは武漢が新型コロナウイルスの種を越えた感染の発生地であることを意味しない」と強調した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真