Sony

ニュース

マンU期待のMF、大迫の同僚に…代理人がブレーメン入り!?

  • 2020年 08月06日 16時00分
  • 提供元:Ballooon

FOOTBALL TRIBE


タヒス・チョン 写真提供: Gettyimages


 ヴェルダー・ブレーメンはマンチェスター・ユナイテッドのU-21オランダ代表MFタヒス・チョンの獲得に近づいているようだ。5日、独紙『ビルト』が報じている。



 日本代表FW大迫勇也も所属するブレーメン。今シーズンはブンデスリーガ16位に沈んだものの、入れ替え戦に勝利し1部残留を果たした。しかし、中心選手であるコソボ代表MFミロト・ラシカには複数クラブが興味を示しており、同選手もヨーロッパのコンペティションへの出場を望むなど、去就が不透明となっている。



 そんな中、ブレーメンはタヒス・チョンの獲得に近づいているようだ。同選手の代理人のエルカン・アルカン氏は4日にブレーメンの本拠地であるヴェザー・シュタディオンでブレーメン側との話し合いを行った模様。交渉は順調に進んでいるようだ。



 また、アルカン氏は同紙に対して「タヒスはブンデスリーガでのプレーを望んでいる。6日にユナイテッドとその件について話し合うよ」と移籍の噂を肯定するコメントを残している。はたしてオランダ期待の新星は大迫の同僚となるのだろうか。


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

監督突然退任の神戸 26日以降は三浦淳寛氏...

ヴィッセル神戸は22日、ドイツ人のトルステン・フィンク監督(52)の電撃退任を発表した。今季末まで契約は残っていたが、21日に本人が家族の問題を理由に辞意を申し出た。側近のコーチ3人も退任し、23日のサガン鳥栖戦(ノエスタ)は、アシスタントコーチの...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真