Sony

ニュース

滑走中に飛行機の非常扉を必死に開けようとする大学生、その理由は…―中国

  • 2020年 08月06日 22時20分
  • 提供元:Record China
5日、楚天都市報は、福建省のアモイ空港に着陸し滑走していた旅客機内で、大学生が緊急脱出ドアを開けようとするトラブルが発生したと報じた。機内の資料写真。

写真拡大

5日、楚天都市報は、福建省のアモイ空港に着陸し滑走していた旅客機内で、大学生が緊急脱出ドアを開けようとするトラブルが発生したと報じた。機内の資料写真。

2020年8月5日、楚天都市報によると、福建省のアモイ空港に着陸し滑走していた旅客機内で、大学生が緊急脱出用ドアを開けようとするトラブルが発生したと報じた。



記事によると、7月31日現地時間午前9時ごろ、アモイ空港に着陸した旅客機内で「乗客が緊急脱出ドアを勝手に開けようとして警報装置が作動した」との通報があり、警察官が現場に駆け付けた。ドアを開けようとしたのは大学3年生の乗客だったという。



調べによると、この乗客は27列目に座っていたものの、飛行中に緊急用のために空席となっていた16列目のシートに勝手に移動。横になり寝ていたという。乗務員が何度も自分の席に戻るよう促すもその都度拒否し、飛行機が着陸態勢に入り乗務員が着席すると、シートの目の前にあった緊急脱出ドアのハンドルカバーをこっそり外したとのことだ。



そして、飛行機が着陸して地上を滑走するなか、大学生はおもむろにレバーを引いてドアを開けようとした。この時点で警報装置が鳴り、幸いドアが開かないうちに乗務員によって阻止されたという。



警察官はこの大学生を空港施設に連行して取り調べを実施し、10日間の行政拘留処分を下した。大学生は動機について「緊急脱出ドアが開くのかどうか試してみたかった。好奇心からやった」と話しているという。



このトラブルについて、中国のネットユーザーは「大学3年生にもなって何をやっているのか」「学生だからといって説教止まりにせず、ちゃんと罰が与えられてよかった」「これはちゃんと学校にも連絡して、学校でもペナルティーを科すべき」「一生飛行機に乗れないようにブラックリストに入れてほしい」といったコメントを残している。



一方で、「地下鉄の緊急ブレーキとか、ビルの火災通報ボタンとか、バスの脱出ハンマーとか、実際に使っているのを見たことがないので、使ったらどうなるのかって好奇心に駆られることはある。もっとも、実際にやる勇気はないけれど」など、実際に行動するかは別として「やってみたい」と思う気持ちに理解を示すユーザーも見られた。(翻訳・編集/川尻)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

英、感染急増で新規制別ウィンドウで開きます

ジョンソン英首相は22日、新型コロナウイルスの感染急増を受けて下院で声明を出し、新たな規制強化策を発表した。飲食店の営業時間短縮などが盛り込まれる一方、全土ロックダウン(都市封鎖)の再導入は見送られた…[記事全文]別ウィンドウで開きます【関連記事】...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真