Sony

ニュース

家に居ながら敦煌をクラウド見物

  • 2020年 08月10日 13時45分
  • 提供元:Record China
敦煌研究院はスマートフォンアプリ「微信(ウィーチャット)」のミニプログラム「敦煌のクラウド見物」をリリースし、壁画のタイプ、時代、色など複数の角度から敦煌の石窟にある壁画が見られるようになりました。

写真拡大

敦煌研究院はスマートフォンアプリ「微信(ウィーチャット)」のミニプログラム「敦煌のクラウド見物」をリリースし、壁画のタイプ、時代、色など複数の角度から敦煌の石窟にある壁画が見られるようになりました。

感染症拡大の影響を受け、甘粛省の有名な観光地、莫高窟が1月24日から一時的に閉鎖されています。旧正月(今年は1月25日)の連休期間中、敦煌研究院はスマートフォンアプリ「微信(ウィーチャット)」のミニプログラム「敦煌のクラウド見物」をリリースし、壁画のタイプ、時代、色など複数の角度から敦煌の石窟にある壁画が見られるようになりました。また、デジタル化された音声付きの3D絵画やAI演奏会によって人々は家に居ながらにして敦煌を見物できるようになり、多くのユーザー、特に若い世代のユーザーに支持されています。



現在、観光客はVR技術を駆使した観光を体験でき、スマートフォンを使って、洞窟の実景とデジタル化された壁画を結びつけた画面を見ることができます。9色のシカや「飛天」(仏教で諸仏の周囲を飛行遊泳し、礼賛する天人)が壁画の中から飛び出して観光客と記念写真を撮ることもできます。(提供/CRI)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

雲南省瑞麗で全市規模のPCR検査を実施、現...

雲南省瑞麗市弄恩村では17日、一部のミャンマー国籍の住民がPCR検査を受けるために村のPCR検査所に並んでいた。中国新聞網が伝えた。 同村の村民小組(自治組織である村民委員会の下に設置されたグループ)には、計1500人余りの住民がおり、うち約80...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真