Sony

ニュース

新中国成立70周年トリビュート作品『クライマーズ』が日本上映決定、9月25日に

  • 2020年 08月10日 17時40分
  • 提供元:Record China
昨年10月に一般公開された新中国成立70周年トリビュート作品『攀登者(The Climbers)』が『クライマーズ』の題で9月25日に日本で上映されることが決まりました。

写真拡大

昨年10月に一般公開された新中国成立70周年トリビュート作品『攀登者(The Climbers)』が『クライマーズ』の題で9月25日に日本で上映されることが決まりました。

昨年10月に一般公開された新中国成立70周年トリビュート作品『攀登者(The Climbers)』が『クライマーズ』の題で9月25日に日本で上映されることが決まりました。



本作は中国登山隊の活躍を描くもの。中国が「世界の屋根」であるチョモランマ(エヴェレスト)登頂に初成功した1960年、その15年後の1975年に、登山隊員の方五洲や曲松林、气象学者の徐纓をはじめとするチームがエヴェレスト登頂に再チャレンジすることに。ヒマラヤ山脈の壮大な風景と共に、過酷な自然と闘う登山隊員の姿が堪能できる作品となっています。プロデューサーはあの徐克(ツイ・ハーク)で、『処刑剣 14BLADES』 (2010)や『項羽と劉邦/White Vengeance』 (2011)、『ドラゴン・ブレイド』 (2014)など時代アクション映画で知られる李仁港(ダニエル・リー)監督と23年ぶりにタッグを組むことでも話題となりました。



キャストは呉京(ウー・ジン)、章子怡(チャン・ツィイー)、張訳(チャン・イー)、井柏然(ジン・ボーラン)、胡歌(提供/CRI)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

「国慶節」のせい?大ヒット時代劇「瓔珞」と...

2018年にヒットした時代劇ドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」と「如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」が相次いで動画サイトから姿を消したことで、さらに別の宮廷ドラマも削除されていくのではないかとネットユーザーも注視し...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真