Sony

ニュース

旅館もいい迷惑 ツイッタートレンド『廃棄前提おじさん』に見るサロンぽい人が炎上する理由

  • 2020年 08月14日 05時30分
  • 提供元:Ballooon
写真はイメージです。

写真拡大

写真はイメージです。

TABLO


 



「知り合いの弁護士」「友人の弁護士」ってツイッターのトレンドに入っても良いのではないでしょうか。『廃棄前提おじさん』の一連の騒動を見てそう思いました。



何の事か分からない人に極めて簡略に説明いたしますと……。



・田端大学というオンラインサロンの一員(またサロンか)が、有名旅館に泊まった。(正確にはアカウントは「田端大学公式『BIG WAVE』立ち上げ&運営」)。



・出て来た料理が多すぎて食べられない。廃棄前提だと写真付きでツイート。



・それに対して「旅館の食事はこんなものだ」「料理人の気持ちを考えるべき」といった反発ツイートが多数。



・初めは余裕だった『廃棄前提おじさん』(という呼び名に変わっていった)。「クソリプ大歓迎」のノリ。



・が、精神的にきつくなってきたのか、「知り合いの弁護士」にあまりの誹謗中傷に相談中と弱気ツイート。



という流れです。



 



 



まず、旅館の食事ですが食べきれないほどの量ではなく、もし食べきれないようだったら「多すぎて無理」くらいのツイートをすれば特に炎上する事もなかったでしょう。それを「サロンにいる人独特の」(という言い方をあえてしますが)、上から目線で「廃棄前提」の食事だ、とか言い出すから反発を買った訳で、自業自得。いかにも”サロンぽい”ツイートでした。



この”サロンぽい”人というのは、また別に研究すべきテーマではあるでしょう。



炎上上等と煽っておいて、途中で「参った」するのは構わないのですが、それを素直に言わないのも”サロンぽい”です。箕輪厚介さんを彷彿させます。興味ある研究対象の人々です。暇があれば考察してみたいものです。



で、ここからは”サロンぽい”のは関係なくなり「知り合いの弁護士」「友人の弁護士」が登場して、「相談」に乗っている最中という事です。



出ました。「知り合いの弁護士」「友人の弁護士」。



別に「友人」でなくても「知り合い」でも良いのですが、弁護士を登場させるメンタルは「警察24時」的テレビ番組で職質に遭った人が抵抗しつつ、「弁護士に電話させてー」というのに似ています。



 



 



僕は、これまでの編集者生活で何十回もの抗議、内容証明を受け取ったり、裁判、証人出廷などをしてきましたので、「知り合いの弁護士」はいます。



が、一般の人からすれば、「弁護士に相談中」と言うのは恫喝に近い形で受け止められるでしょう。本当に弁護士に相談中なのか分かりません。とは言え、もし誹謗中傷、名誉棄損に当たるリプライがあればそれは『廃棄前提おじさん』には利があります。行きすぎ、叩きすぎはアウトです。



それにしても”サロンの人”たちの炎上はこれからも止まらないでしょうね。(文◎久田将義)



 



 


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真