Sony

ニュース

「ロボコップ」可動フィギュア 様々なポージング再現可能

  • 2020年 09月01日 16時00分
  • 提供元:J-CAST
日本の特撮ヒーローにも影響を受けたという「ロボコップ」が可動フィギュアに

写真拡大

日本の特撮ヒーローにも影響を受けたという「ロボコップ」が可動フィギュアに

キャラクターグッズなどを扱うグッドスマイルカンパニー(東京都千代田区)は、映画「ロボコップ」の塗装済み可動フィギュア「HAGANE WORKS ロボコップ」を2021年1月に発売するのに先だち、20年8月27日から予約受付をはじめた。

脚部ホルスターの開閉などのギミックを搭載

フル可動合金フィギュア「HAGANE WORKS(ハガネワークス)」から、同作に登場するサイボーグ警官「ロボコップ」が全高約17センチ(ノンスケール)の可動フィギュアになった。


胸部および脚部に亜鉛合金パーツを使用。各関節が可動し様々なポージングが可能なほか、脚部のホルスターが開閉し、武器「オート9」の収納や取り出しを再現できる。


「口結び」「警告」「苦悶」3種の表情パーツ、ダメージ頭部/胸部、「開き」「握り」「銃持ち」「端末接続手首」などの手首パーツ、付属品を収納可能な専用ディスプレイスタンドなどが付属する。


価格は1万2500円(税込)。


また、同作に登場するオムニ社の治安維持用ロボット「ED-209」のプラモデルも21年2月に発売する。各関節やピストン、スライドレール部などに可動ギミックを備え、劇中のポージングが再現可能だ。なお、「HAGANE WORKS ロボコップ」とはスケールが統一され、2体並べて楽しめる。


価格は8900円(同)。<J-CASTトレンド>


関連ニュース

関連写真

「コーポレートカラー」は必要です! 自社ブ...

10月になって、オレンジの飾り付けを見ると、ハロウィンらしいなと思います。今年(2020年)の仮装パーティーはオンライン化になるのかもしれませんが、街がその季節らしい彩りで華やかになると楽しい気持ちになりますね。10月にオレンジと言...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真