Sony

ニュース

上海の南京路の歩行者天国、外灘まで東に延長―中国

  • 2020年 09月18日 23時40分
  • 提供元:Record China
上海市で12日、「南京路歩行街(歩行者天国)」の区間が東に延長され、新しく歩行者天国となった道路を市民や観光客が散策していた。

写真拡大

上海市で12日、「南京路歩行街(歩行者天国)」の区間が東に延長され、新しく歩行者天国となった道路を市民や観光客が散策していた。

上海市で12日、「南京路歩行街(歩行者天国)」の区間が東に延長され、新しく歩行者天国となった道路を市民や観光客が散策していた。新華網が伝えた。



同日夜、「中華商業第一街」として知られる上海南京路歩行街の延長区間に明かりが灯り、歩行者天国としてオープンした。この延長区間は、西端の河南中路から東端の中山東一路まで、全長495メートル。これによって南京路歩行街は外灘(バンド)と繋がり、観光客は、南京路歩行街を歩いて直接外灘に行くことができるようになった。



南京路は、上海開港後、最初に建設された繁華街だ。1999年、南京路は改造工事を経て「南京歩行街」となり、「中華商業第一街」として讃えられた。2018年、南京路歩行街は全国で最初に選ばれた11本の高品位歩行街の一つとなった。歩行者天国となってから20年たった2019年、南京路歩行街では東への延長工事がスタートした。(提供/人民網日本語版・編集/KM)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

水深1万909メートルへの潜水成功した「奮...

11月28日午前8時半ごろ、マリアナ海溝での調査任務を完了した中国の科学調査船「探索1号」が汽笛を鳴らしながら、海南省三亜市の南山港に着岸した。新華網アプリが報じた。 「探索1号」の載せられていた有人潜水船「奮闘者」号は11月10日、マリアナ海溝...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真