Sony

ニュース

レアアース輸出減は中国の報復手段か、米国にも新たな動き―中国メディア

  • 2020年 09月19日 10時20分
  • 提供元:Record China
16日、騰訊網は、中国のレアアース輸出減に対する米国の動きについて報じた。写真は米国会。

写真拡大

16日、騰訊網は、中国のレアアース輸出減に対する米国の動きについて報じた。写真は米国会。

2020年9月16日、騰訊網は、中国のレアアース輸出減に対する米国の動きについて報じた。



記事は、中国の7月度のレアアース輸出量が1620.3トンで、前年同期比69.1%減少したと紹介。世界トップクラスの科学技術力を持つ米国はレアアース供給を中国に大きく依存しており、中国の輸出減は米国にとっては死活問題になると伝えた。



また、外国メディアからは「中国のレアアース輸出減は米国に対する報復だ」との見方が出ているとした上で、中国政府はレアアースを米国への対抗措置に用いたと明言していないとしたほか、最近の輸出減は世界の不景気に伴うレアアース需要の冷え込みが大きな要因であるとの見解を示している。



一方で、米国政府はレアアース輸出減が中国による報復かどうかを問わず、中国からのレアアース供給に憂慮を抱いているとし、今月初めには財政面での優遇などにより米国内のレアアースサプライチェーンを構築し、中国への依存を低減することを求める法案が議会に提出されたことを紹介した。(翻訳・編集/川尻)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真