Sony

ニュース

ハクチョウの首の形の青銅壺に入っていた液体、前漢の古酒と判明―中国

  • 2020年 09月19日 14時20分
  • 提供元:Record China
ハクチョウの首の形の青銅製の壺が今年5月、河南省三門峡市で発見され、大いに話題となった。壺に入っていた重さ3キログラムほどの液体が酒であることがこのほど明らかになった。

写真拡大

ハクチョウの首の形の青銅製の壺が今年5月、河南省三門峡市で発見され、大いに話題となった。壺に入っていた重さ3キログラムほどの液体が酒であることがこのほど明らかになった。

非常に珍しい「鵝首曲頚青銅壺」と名付けられたハクチョウの首の形の青銅製の壺が今年5月、河南省三門峡市で発見され、大いに話題となった。優美なデザインのハウチョウの壺に、人々は大いに魅了されると同時に、壺に入っていた重さ3キログラムほどの液体の正体をめぐり関心が集まっていた。そしてこのほど、この液体の正体が酒であることが明らかになった。新華社が伝えた。



三門峡市文化財考古研究所によると、中国科学院大学の研究者がサンプルを採取して調べたところ、「鵝首曲頚青銅壺」に入っていた液体は、前漢(西漢)早期に造られた古酒であることが判明した。また、湖南省長沙市にある馬王堆漢墓で出土した医方書「五十二病方」に記載されている内容とほぼ一致しており、この古酒は止血・消炎作用を備えた薬用酒だという。



中国科学院大学考古学・人類学部の楊益民(ヤン・イーミン)教授は、「われわれはより多くの原料、制作技術、効用関連情報を知るために、この液体に対して、炭素・窒素安定同位対比、植物化石、プロテオーム解析などの分析を行った」と話した。



「鵝首曲頚青銅壺」は、三門峡市後川村古墳群から出土。考古学者の実測から、この古墳群は、前漢初期のものであり、墓に埋葬されていたのは身長1.8メートルほどの男性であることが判明した。この男性の墓からは、銅器、玉細工、陶器、鉄器なども共に出土した。このうち銅器は、青銅鏡、銅印、銅盆、銅製装飾品などがあり、鉄剣は、4つの玉で飾られた玉剣具だった。三門峡市文化財考古研究所の鄭立超(ジョン・リーチャオ)所長は、「宝剣が埋葬されていたということは、この男性が戦闘職種だったことを示し、青銅鏡や銅製装飾品が共に埋葬されていたことから、この男性が身だしなみに気を配るタイプであったこと、さらには、『鵝首曲頚青銅壺』に酒が入っていたことから、生活の質を追求するタイプだったに違いないことが見て取れる」と説明した。(提供/人民網日本語版・編集/KM)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

日本の免税店が次々閉店、中国人客減少が主因...

中国のテクノロジー系ニュースサイトの快科技は26日、「日本で免税店の閉店が相次いでいる」とし、「中国人観光客の不足が主因だ」と伝えている。 記事は「突然襲ってきた新型コロナが、日本の免税店に深刻な影響を及ぼし、閉店ラッシュが起きている」とした上で...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真