Sony

ニュース

知ってる?中国で誕生している新職業(1)知識共有型ブロガー

  • 2020年 09月21日 17時10分
  • 提供元:Record China
今年の夏、中国科学院神経科学研究所の生物学博士課程を修了し、7年間の学術キャリアを積んだ唐騁さんは、たくさんの同級生のようにポストドクターに進むのではなく、ブロガーになる道を選んだ。

写真拡大

今年の夏、中国科学院神経科学研究所の生物学博士課程を修了し、7年間の学術キャリアを積んだ唐騁さんは、たくさんの同級生のようにポストドクターに進むのではなく、ブロガーになる道を選んだ。

今年の夏、中国科学院神経科学研究所の生物学博士課程を修了し、7年間の学術キャリアを積んだ唐騁さんは、たくさんの同級生のようにポストドクターに進むのではなく、ブロガーになる道を選んだ。人民日報が伝えた。



動画共有サイト・bilibili(ビリビリ)のオンラインコミュニティーで、唐さんはガールフレンドと共に、「芳斯塔芙」というアカウントを運営しており、フォロワーの数は150万人を超えている。2019年には、ビリビリの人気「うp主」ランキングトップ100にランク入りし、すでに科学普及の分野では有名なブロガーだ。



「芳斯塔芙」は一夜にして人気アカウントとなったと言えるだろう。昨年2月14日、唐さんは初めて、古生物を紹介するオリジナル動画「アノマロカリス:初代キングの物語」をアップ。再生回数が24時間以内に延べ10万回に達し、フォロワーも2日間で700人から4万2000人に急増した。それ以来、唐さんたちは1~2週間に1本のペースでオリジナル動画をアップするようになった。動画の長さは1本当たり5~15分で、資料調べ、起草作り、素材探しなどをして、シナリオを確定させ、動画を編集し、音楽を入れるなど、動画完成までには多くの作業が必要だ。もともと唐さんたち2人にとってブログは趣味の一環だったものの、今ではそれが仕事となっている。



唐さんは、「初めは興味があったためブログを始めた。そして、想定外にも大人気となり、動画の製作に打ち込むようになった。気持ちが浮ついている時もあったが、今は平常心。大人気になって以降、たくさんの活動や仕事が増えたが、自分の位置付けが『科学を伝える人』であることはずっと変わらない。今は、形式を増やして、事業を拡大することに精力を傾けたい。人々の生活水準が向上するにつれて、科学について知りたいというニーズはこれからも高まるだろう。科学普及分野のユーザー増加については楽観視している。すでにアルバイト2人を雇っており、もうすぐスタジオも開設する」と話している。(提供/人民網日本語版・編集/KN)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

保守派の最高裁判事就任 米国別ウィンドウで開きます

米上院は26日、連邦最高裁判事に保守派のエイミー・バレット高裁判事を充てる人事案を採決し、賛成多数で最終承認した。写真はホワイトハウスの庭で、就任宣誓をするバレット氏(左)とトランプ大統領(右)。【AF…[記事全文]別ウィンドウで開きます【関連記事...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真