Sony

ニュース

中国で惨敗の映画「ムーラン」にやっと明るい話題、スタント女優が「ヒロインより美しい」と人気

  • 2020年 09月23日 17時20分
  • 提供元:Record China
中華圏での敗北が話題になっているディズニー映画「ムーラン」から、「ヒロインより美しい」と主演したリウ・イーフェイの代役を務めた女優がネット上で注目を浴びている。

写真拡大

中華圏での敗北が話題になっているディズニー映画「ムーラン」から、「ヒロインより美しい」と主演したリウ・イーフェイの代役を務めた女優がネット上で注目を浴びている。

中華圏での敗北が話題になっているディズニー映画「ムーラン」から、「ヒロインより美しい」と主演したリウ・イーフェイ(劉亦菲)の代役を務めた女優がネット上で注目を浴びている。



1998年のアニメ映画を実写化した「ムーラン」は今月11日に中国で封切られたが、初日の興行収入は800万ドル(約8億3600万円)で、昨年公開されたディズニー映画「ライオン・キング」の約半分の数字にとどまった。すでに2回目の週末を経過した22日、興行収入は2億5000万元(約38億7000万円)で、現在の興行ランキングトップの中国映画「八佰」の10分の1程度に。香港や台湾でも同じく苦戦が続いている。



そんな「ムーラン」で唯一の明るい話題となっているのが、リウ・イーフェイの代役を務めた女優だ。インスタグラムの投稿写真をきっかけに、ネット上で注目を浴びる存在となった。「ムーラン」では9割のシーンをリウ・イーフェイ自身が演じたが、特に危険なシーンを代わったのが22歳の女優リウ・ヤーシー(劉亜西)。ムーランの衣装をまとった撮影現場での写真がどれも、りりしくて美しく、「リウ・イーフェイより美しい」「彼女のほうがムーランにふさわしい」「美人で身体能力も高くて万能だ」と称賛を浴びている。



中国メディアによるとリウ・ヤーシーはこれまで、ジャッキー・チェン(成龍)主演「急先鋒」や「王朝の陰謀 闇の四天王と黄金のドラゴン」など、数々の映画やドラマに代役として出演。若いながらもすでに実力派として認められているという。



アクションシーン専門の代役の場合、月収で2万元(約30万円)前後の収入ともいわれる厳しい世界だけに、ネット上では彼女のひたむきさを称賛する声も。彼女の美貌があればネット上でのライブ配信や、商品を売るライブコマースで気軽に何倍も稼げるのに、あえて好きな道を突き進んでいることに多くの人が好感を示している。(Mathilda)


【関連記事】


注目の情報

ニュース写真