Sony

ニュース

中国、「学習型」のロケット開発へ―中国メディア

  • 2020年 09月24日 16時20分
  • 提供元:Record China
中国が「学習型」ロケットを開発することが分かった。資料写真。

写真拡大

中国が「学習型」ロケットを開発することが分かった。資料写真。

国際宇宙航行アカデミー(IAA)会員で、中国航天科技集団有限公司北京航天自動制御研究所長の馬衛華(マー・ウェイホア)氏は福建省福州市で17日、中国は第14次五カ年計画期間(2021−25年)に「学習型」のキャリアロケットを開発すると述べた。新華社が伝えた。



馬氏は2020年中国宇宙大会「人工知能(AI)による宇宙制御の発展」フォーラムにおいて、「ロケットを学習型に」と題したスピーチを行った。要旨は次の通り。



中国の深宇宙探査活動の掘り下げに伴い、ロケットは打ち上げ後に予測できなかった環境、予測できなかった事故といった各種の複雑な問題に直面する可能性がある。第14次五カ年計画より、中国は「宇宙制御+AI」の模索を通じ、「学習型」と「終身学習型」のロケットを開発する。ロケットが複雑な環境に適応し、自主的に問題を解消する能力を絶えず高め、より複雑な探査任務を完遂できるようにする。



「学習型」のロケットとは、スマート技術を航法・誘導・制御の各任務に導入し、ロケットをより賢く自主的にすることを指す。学習と訓練により、プログラム制御プランの限界を補い、ロケットが複雑な飛行環境に適応しアクシデントに対応する能力を高める。(提供/人民網日本語版・編集/YF)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真