Sony

ニュース

遠藤航、独紙取材に応じる「夢はプレミアリーグでのプレー」

  • 2020年 09月24日 20時00分
  • 提供元:Ballooon

FOOTBALL TRIBE

遠藤航 写真提供: Gettyimages

 シュトゥットガルトの日本代表MF遠藤航は独紙『ビルト』の取材に応じ、自身のキャリアについてコメントを残した。24日、同紙が報じている。

 同紙は遠藤に対して「ディフェンスラインの前に立つ掃除機(刈り取り役)であり、フォワードの後ろに立つアイディアマン」とコメント。ブンデスリーガ第1節のフライブルク戦(2-3)でチームMVPに輝いた同選手を高く評価している。

 そんな遠藤はキャリア初のブンデスリーガ1部について「2部とはすべてが違う。1部はすべてにおいてレベルが高い。私たちは今シーズン残留を目指しているが、将来的にはシュトゥットガルトでELやCLも戦いたい」とコメント。

 また、遠藤の父親は未だヨーロッパへ観戦には来ていないようで「父親が電話してきたんだ。もし私がプレミアリーグでプレーすることになったら、スタジアムにきてくれるそうだよ。プレミアリーグは私の夢なんだ」と将来についてコメントを残した。

 ドイツでの私生活については「ドイツ人は少し日本人に似ているね。13時に待ち合わせるとみんな15分前にはそこにいるんだ。時間厳守と規律は両方の国にとって重要なんだ」とコメントした。

 また、同紙によると遠藤はインタビューを英語で行った模様。しかし、好きな料理に関する質問に対しては「日本食とシュニッツェル(ドイツやオーストリア風カツレツ)」とドイツ語で答えたようだ。


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真