Sony

ニュース

「あと50勝したいねん」日米通算150勝目を挙げたマエケンを上回る勝利数の現役5投手の現在地は?

  • 2020年 09月27日 11時00分
  • 提供元:Ballooon

ココカラネクスト

 ツインズ・前田健太投手が今季最終登板となる23日のツインズ戦で日米通算150勝目を挙げた。今季6勝目、メジャー通算53勝目となり、広島での97勝と合わせて節目の数字に到達した。


 前田はインスタグラムで150勝の記念Tシャツを公開。そこには「絵心ない芸人」としても有名な自身のイラストと共に「あと50勝したいねん」と書き込まれていた。

 そして「日本では200勝すれば殿堂入りできる。200勝したい」と名球会入りの条件となっている次なる大台を目指すことを明言。野手の2000安打と比べて、投手の200勝はハードルが高いと言われているが、そんな時代だからこそ達成したいと言葉に力を込めた。

 前田の150勝は現役日本人投手では6位の数字となる。それでは他5投手の数字はどうなのか。それぞれの200勝到達への可能性と共に紹介したい。

 現役トップに立つのはヤンキース・田中将大。日本で99勝、メジャーで78勝の177勝を挙げている。現在31歳という年齢を考えても、200勝到達はほぼ間違いないだろう。今季は60試合と短縮されたショートシーズンで、開幕前に打球が頭部に直撃するアクシデントもあり、3勝止まり。それでも投球自体に衰えは全く見られず、来季以降も2桁勝利を積み重ねていくことが期待できる。

 2位がヤクルトの石川雅規。日本だけで通算171勝を積み上げている。今季は開幕投手を務めながら、打線の援護にも恵まれず、ここまで9試合で0勝5敗、防御率4・84とまさかの未勝利で足踏み。既に40歳を迎えているが、洗練された投球術に陰りがみえてきたわけではない。同じく軟投派であった元中日の山本昌は50歳まで投げた。石川は山本に続くことができるかもしれない、数少ない希少種と言っていい。

 3位で並ぶ2人は200勝へ黄色信号が点滅している。巨人・岩隈久志と、西武・松坂大輔はともに日米通算170勝。だが、今季は故障の影響もあり1軍では1試合も投げられていない。ファンとしては奇跡の復活劇が見たいところだが、このまま1勝も積み上げられずユニホームを脱いだとしてもおかしくはない状況に追い詰められている。

 5位がカブス・ダルビッシュ有で、日米通算164勝。日本ハムで93勝、メジャーで71勝を挙げている。今季は7勝で初の最多勝が確定的で、サイ・ヤング賞の有力候補にさえ挙がっている。トミー・ジョン手術を経て、全盛期に勝るとも劣らない投球をみせており、こちらも200勝は十分射程圏内と言えそうだ。

 6位前田に続く7位には楽天・涌井秀章が142勝、ソフトバンク・和田毅が日米通算140勝、西武・内海哲也が134勝、日本ハム・金子弌大が129勝となっている。

 前田はドジャースでは中盤以降の優勝争いやポストシーズンでは、高い適性を買われて勝負所での中継ぎに回されてきた。勝利数も伸びにくい環境にあった。先発投手への強いこだわりを訴え、志願が実ってツインズへトレード移籍。そこでエースと呼ぶにふさわしい投球を披露し、自らの思いを成就させた。

 来季以降も先発ローテーションの柱として起用されるのは間違いない。コロナウイルスの影響は見通せない状況だが、例年通り162試合のシーズンが戻ってくれば、残り50勝は3~4シーズンで到達可能。大きな故障がないのも強みで、田中、ダルビッシュと比較的年齢の近い3人が、そろって200勝という金字塔を打ち立てる可能性は高そうだ。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

乾物ヨーグルトで腸内環境を整えよう

ココカラネクスト 乾物ヨーグルトってご存知ですか。切り干し大根やひじきなどの乾物を水の代わりにヨーグルトで戻す新しい調理法です。乾物ヨーグルトのメリットと作り方をご紹介します。 乾物ヨーグルトとは?乾物をヨーグルトに一晩(7~8時間)漬け込ん...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真