Sony

ニュース

中国のネット利用者、9億4000万人に

  • 2020年 09月30日 14時15分
  • 提供元:Record China
2020年6月末時点で、中国のネット利用者は9億4000万人に上り、世界のネット利用者の5分の1を占め、今年3月に比べ3625万人増加しました。

写真拡大

2020年6月末時点で、中国のネット利用者は9億4000万人に上り、世界のネット利用者の5分の1を占め、今年3月に比べ3625万人増加しました。

中国インターネット情報センター(CNNIC)が29日に公表した報告によりますと、2020年6月末時点で、中国のネット利用者は9億4000万人に上り、世界のネット利用者の5分の1を占め、今年3月に比べ3625万人増加しました。また、インターネットの普及率は67%に達し、世界平均より5ポイント高いということです。



それによりますと、今年上半期、オンライン教育やオンライン診療、在宅勤務などにおいて、アプリケーションサービスが社会や経済の正常な運営を維持し、国民生活の基本的なニーズを満たすのに大きな役割を果たしました。6月までに、中国のオンライン教育の利用者は全国の利用者の40.5%に当たる3億8100万人、オンライン診療の利用者は全国の29.4%に当たる2億7600万人、ネットを利用して在宅勤務する人は全国の21.2%に当たる1億9900万人に上ったとのことです。



また、新型コロナの影響を受け、インターネットはサービス業に新たな発展の窓口を提供しています。オンラインでの料理の注文やオンライン教育、ネットによる車の予約、オンライン診療などデジタルサービスが大きく発展し、ネット利用者のニーズに応えるとともに、サービス業のデジタル発展を後押ししています。(提供/CRI)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

保守派の最高裁判事就任 米国別ウィンドウで開きます

米上院は26日、連邦最高裁判事に保守派のエイミー・バレット高裁判事を充てる人事案を採決し、賛成多数で最終承認した。写真はホワイトハウスの庭で、就任宣誓をするバレット氏(左)とトランプ大統領(右)。【AF…[記事全文]別ウィンドウで開きます【関連記事...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真