Sony

ニュース

ヤマハ史上最小 横幅60センチのコンパクトなサウンドバー

  • 2020年 09月30日 15時00分
  • 提供元:J-CAST
テレビやパソコンの前にも置きやすいコンパクトサイズ

写真拡大

テレビやパソコンの前にも置きやすいコンパクトサイズ

ヤマハは、サウンドバー「SR-C20A」を2020年10月1日に発売する。同社史上最小だという横幅60センチのコンパクトボディーを採用し、テレビやパソコンの前にも手軽に設置できる。また壁掛けでの設置も可能。

簡単接続でテレビの音を聴きやすくグレードアップ

上質なファブリックカバーを使用したデザインで、軽く触れるだけで操作できるタッチセンサー式ボタンを装備する。


人の声やナレーションを聴きやすくする「クリアボイス」、低音を増強する「バスエクステンション」機能を搭載。独自チューニングによるサラウンド技術により、テレビの音を聴きやすくグレードアップ。また豊かな低音と臨場感を実現する。


ARC(オーディオ・リターン・チャンネル)対応のHDMI端子を装備し、ケーブル1本で簡単にテレビと接続できる。対応テレビやレコーダーと連動し、本機の電源オン/オフや音量調整、入力切り替えなどが可能なリンク機能「HDMIコントロール」も実装する。


Bluetoothによるワイヤレスでの音楽再生が可能。独自の音質改善技術「ミュージック・エンハンサー」やAACコーデックの対応により、圧縮音源やスマートフォンなどの音声も高音質で楽しめる。


専用アプリ「Sound Bar Remote」をスマートフォン/タブレットにインストールすれば、電源のオンオフや音量調整、「映画」や「ゲーム」など4種類のサウンドプログラムの切り替えなどの操作が可能だ。


カラーはブラック。


価格はオープン。<J-CASTトレンド>


関連ニュース

関連写真

「タイヤ」になって敵を撃ち、危険な道を進め...

ゲームメーカーのハムスターの公式番組「アーケードアーカイバー」で、J-CASTトレンドの若手女性記者「J子」が「不朽の名作」と名高いアーケードゲームに七転八倒しながら挑む様子を、連載記事で紹介する。10月23日放送の「第276回 ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真