Sony

ニュース

世界銀が今年の中国経済の成長率予測を2%に上方修正―中国メディア

  • 2020年 09月30日 16時00分
  • 提供元:Record China
世界銀行は29日に発表した「東アジア・太平洋地域経済情勢報告書」の中で、今年の中国の経済成長率は2%に達すると予測し、6月初めの予測値1%を1ポイント上方修正した。写真は上海の病院。

写真拡大

世界銀行は29日に発表した「東アジア・太平洋地域経済情勢報告書」の中で、今年の中国の経済成長率は2%に達すると予測し、6月初めの予測値1%を1ポイント上方修正した。写真は上海の病院。

世界銀行は29日に発表した「東アジア・太平洋地域経済情勢報告書」の中で、今年の中国の経済成長率は2%に達すると予測し、6月初めの予測値1%を1ポイント上方修正した。経済参考報が伝えた。



同報告書の予測では、東アジア・太平洋地域の経済成長率は今年は0.9%となり、1967年以降で最低になる。同地域の中国を除くエコノミーの今年の成長率はマイナス3.5%になるという。



世銀同地域のチーフエコノミストであるMattoo氏は同日に行われたメディア電話会議で、「新型コロナウイルス感染症により今年は東アジア・太平洋地域で500万人が再度貧困に陥るだろう」との見方を示した。



Mattoo氏は、「同地域の多くの国では感染症の抑制に成功したが、復興と成長を実現するには引き続き努力が必要だ」と述べた。



また同報告書によると、同地域の2021年の経済見通しは今年より良くなる。ワクチンが世に出て、復興が持続し、主要エコノミーの経済活動が正常化するとの仮定で、中国の経済成長率は7.9%に達し、同地域の中国以外のエコノミーの成長率が5.1%に達することが予想されるという。(提供/人民網日本語版・編集/KS)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

韓国人男性がフィリピンに置き去りにした子ど...

華字メディアの世界華人週刊はこのほど、韓国人男性に捨てられたフィリピン人の女性とその子どもについて取り上げ、「フィリピンで韓国人の父親を待っている子どもは少なくとも3万人に上る」と指摘する記事を掲載した。以下はその概要。 「中国のドラマを見ると結...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真