Sony

ニュース

1989年発売の「AW-500」のフォルムを継承したG-SHOCKがフルメタルで登場

  • 2020年 10月01日 21時00分
  • 提供元:ファッションヘッドライン
カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”より、1989年に発売された“G-SHOCK”初のアナログとデジタルのコンビネーションモデル「AW-500」のデザインを継承しつつフルメタル化した『AWM-500D/AWM-500GD』を11月20日に発売します。


1983年の初号機発売以降、デジタル表示の角型モデルのみだった“G-SHOCK”の新たな試みとして、「針が絶対落ちないアナログウオッチ」をコンセプトに開発されたのが、1989年発売の「AW-500」です。アナログは針や歯車をはじめとする細かい部品が多いため衝撃に弱いという既成概念を覆し、部品の軽量化で耐衝撃性を向上させたアナログとデジタルのコンビネーション“G-SHOCK”を生み出しました。

新製品の『AWM-500D/AWM-500GD』は、「AW-500」のフォルムを引継ぎながらフルメタル化した電波ソーラー搭載モデルです。初代“G-SHOCK”の形状をフルメタルで再現した「GMW-B5000D」(2018年)開発時に培った技術を応用し、メタルケースとベゼルの間にファインレジンを緩衝材として採り入れることでフルメタル化を実現。ケースからつながるバンドの駒に丸みを持たせることで「AW-500」のしなやかなフォルムを再現しました。さらに、ベゼルの表面処理を、ヘアラインやミラー仕上げなどパーツごとに細かく使い分けることで、メタルの質感を存分に生かしています。

また、当時の紙の図面を基に再設計した樹脂製の復刻モデル『AW-500E/AW-500BB』も11月20日に発売するにあたり、併せてご案内します。オリジナルに忠実にブラックをベースにホワイトのインデックスと分針、レッドの時針の組み合わせたモデルに加え、「AW-500」に新たな現代のアレンジを加えたオールブラック、レッドの3モデルをラインナップしています。

◆AWM-500D-1A 6万6,000円(税込)


◆AWM-500D-1A8 6万6,000円(税込)


◆AWM-500GD-9A 7万4,800円(税込)


◆AW-500E-1E 1万4,300円(税込)


◆AW-500BB-1E 1万4,300円(税込)


◆AW-500BB-4E 1万4,300円(税込)





企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連ニュース

関連写真

フランク ミュラーの代表作「ロングアイラン...

フランク ミュラーの代表作「ロングアイランド」の生誕20周年を記念してキャンペーンを10月20日~12月25日まで実施いたします。 フランク ミュラーの代表作「ロングアイランド」の生誕20周年を記念して“ロングアイランド 20th ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真