Sony

ニュース

アーセナルMFエジル、サウジからのオファーも…アジアでのプレーを望まず

  • 2020年 10月12日 16時00分
  • 提供元:Ballooon

FOOTBALL TRIBE

メスト・エジル 写真提供: Gettyimages

 サウジアラビアのアル・ナスルはアーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルの獲得に興味を示しているようだ。11日、英紙『デイリーメール』が報じている。

 同紙によるとアル・ナスルはかねてからエジルに対して興味を示していたようで、移籍金500万ポンド(約6億9000万円)でのオファーをアーセナルに対して提示した模様。アーセナルも同選手の年俸を考慮し、このオファーを受け入れたようだが、エジル自身がアジアでのプレーを望まず合意には至らなかったようだ。

 アーセナルのミケル・アルテタ監督の下でヨーロッパリーグの25名の登録メンバーからも外れたエジル。しかし、エジル自身は8月に「難しい状況だね。けどアーセナルを愛している。いつ退団するかを決めるのは他でもなく自分なんだ」とコメント。構想外の中でも契約満了までのクラブ残留を示唆している。

 はたして週給35万ポンド(約4800万円)のエジルは構想外となりながらもやはり2021年までの契約を全うすることになるのだろうか。


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真