Sony

ニュース

山林で採ったツキヨタケ、大根おろしとあえて食べる…夫婦に嘔吐の症状

  • 2020年 10月18日 14時22分
  • 提供元:読売新聞
 長野市は17日、市内の70歳代の夫婦が、毒キノコの「ツキヨタケ」を食べて食中毒になったと発表した。夫婦は嘔吐(おうと)の症状が出て医療機関を受診したが、快方に向かっているという。
 発表によると、16日に市内の山林で採ったキノコをゆで、大根おろしとあえて食べた。食用の「ムキタケ」と誤ったとみられる。

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真