Sony

ニュース

金村義明が今だから話せるドラフト裏話「すき焼き、しゃぶしゃぶ食べ放題」「条件上乗せ」

  • 2020年 10月26日 21時00分
  • 提供元:Ballooon

ココカラネクスト

 いよいよ10月26日に迫った2020年のドラフト会議。新型コロナウイルスの影響で春夏の甲子園大会をはじめ多くの公式戦が中止となり、難しい状況のなかで行われる異例づくしの一大イベントだ。

選手や球団の運命を左右するドラフト指名の裏話を、元フジテレビアナウンサーでスポーツアンカーである田中大貴さんのYouTube動画「田中大貴のアスリートチャンネル」にゲスト出演した金村義明さんが大公開!


毎週のように阪急グループで豪遊


金村さんは兵庫県の報徳学園3年生の時に夏の甲子園大会で優勝。1981年のドラフト会議で近鉄バファローズと阪急ブレーブスから1位され、抽選の末に近鉄に入団。金村さん自身は、球団のファンだったということもあり、ドラフト前より阪急への入団志望を表明していた。

「いまは時効だから…」と切り出すと、「裏契約バンバンしていましたよ」と、ぶっちゃけ。

具体的な密約の内容を聞かれると、「阪急のスカウトからは『甲子園にもし出られんでも取ってやる』って言われていた。甲子園出て優勝までしてしまったから12球団全てのスカウトがきたけど、「阪急からは『全部断ってくれ』と言われ、断り方のコメントまで教えていただいた。それで『阪急しか行きません』って言っていたらドラフトまでの間、『すき焼き、しゃぶしゃぶ何でも食っとけ』と。阪急グループのところ行って。毎週行った」と、当時は暗黙の了解であった仰天エピソードを披露。

近鉄スカウトが超好条件を提示

阪急と相思相愛であったが、ドラフトの結果近鉄に入団。その訳は…?

「ドラフト前から近鉄のスカウトが何回か来て、断ったんだけども。『阪急と裏契約しているやろ?条件を全部言ってみろ』と言われて。スカウトが家に来る時は母親には菓子折り、父親にはレミーマルタンかヘネシーを手土産に持ってきてくれた。12球団だから10本以上はあった。それで近鉄のスカウトから『阪急の条件を全部上回ったるから』と言われて。それを絶対言ったらイカンって言われているのに僕はペラペラと言ってしまって…」と、親孝行心からの不義と振り返った。

結果2球団の競合となり、抽選の末に近鉄が交渉権を獲得。

「その日のうちに東京から伊丹でそのまま近鉄の違うスカウトの方と球団社長と関口清治監督(当時)もいらっしゃって、交渉権確定のアレをくれて。こんなん別にいらんのに…」と、交渉権確定の札の意外と雑な扱いを打ち明けた。

金村さんは指名挨拶を受けて、「ここから夢のようなプロの世界に行けるんや」と思ったのも束の間、「球団社長が『スカウトは何を言ったかわかりませんけれども、大会社には大会社のルールというものがあるので』と言われて、全部反故にされました」と、まさかの大どんでん返しを告白。当然密約の際に書面などは交わしていなかったため、夢にみた好条件は叶わなかったそう。

動画では両球団が提示していた土地の約束と顛末など、今だから笑える密約の詳細を紹介している。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

【フォーミュラE】アウディとBMWがワーク...

ココカラネクスト 電動車シリーズのフォーミュラE(FE)で米自動車メーカーのアウディとBMWが次の2020/21年シーズンを最後にワークス活動を打ち切ると相次いで発表した。 新シーズンの新フォーミュラEマシンを発表したアウディ(アウディ提供)...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真