Sony

ニュース

韓国女子ショートトラック金メダリストに性的暴行容疑の元コーチ、懲役20年に直面―中国メディア

  • 2020年 10月26日 22時20分
  • 提供元:Record China
五輪のショートトラック女子の金メダリストである韓国のシム・ソクヒ選手に性的暴行を行ったとされる元コーチのチョ・ジェボム被告について、懲役20年に直面していると伝えられている。写真は平昌五輪の会場。

写真拡大

五輪のショートトラック女子の金メダリストである韓国のシム・ソクヒ選手に性的暴行を行ったとされる元コーチのチョ・ジェボム被告について、懲役20年に直面していると伝えられている。写真は平昌五輪の会場。

五輪のスピードスケート・ショートトラック女子で合計2個の金メダルを獲得した韓国のシム・ソクヒ選手に性的暴行を行ったとされるチョ・ジェボム被告について、中国メディアの画外音体育は22日、「懲役20年に直面している」と報じた。



韓国・聯合ニュースの報道として伝えたもので、それによると、水原の検察はこのほど、シム選手に2014年から3年余りにわたって性的暴行や強制わいせつを行った容疑で起訴されたチョ被告に、懲役20年と10年間の就業制限を求刑した。



チョ被告は、シム選手が高校生だった2014年から平昌冬季五輪開幕直前の2017年12月までに30回にわたって性的暴行や強制わいせつを行った容疑を受けている。



シム選手は厳罰を望んでおり、検察は「被告人の罪質は非常に不良」と述べた。チョ被告は容疑を否認しているという。



判決は11月26日の予定。



チョ被告は、性的暴行とは別に、シム選手に常習的に暴力を振るった罪にも問われ、懲役1年6月の実刑判決が確定し服役した。(翻訳・編集/柳川)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

中国のサッカークラブの多くが名称変更か=脱...

2020年11月3日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、サッカーの中国スーパーリーグのクラブが「脱商業化」に向けて名称の変更を迫られていると報じた。 記事は、中国サッカー協会が先日、来期の同リーグ参加クラブに対して「中性的な名称」を採用するこ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真