Sony

ニュース

日本の免税店が次々閉店、中国人客減少が主因―中国メディア

  • 2020年 10月27日 06時00分
  • 提供元:Record China
中国のテクノロジー系ニュースサイトの快科技は26日、「日本で免税店の閉店が相次いでいる」とし、「中国人観光客の不足が主因だ」と伝えている。資料写真。

写真拡大

中国のテクノロジー系ニュースサイトの快科技は26日、「日本で免税店の閉店が相次いでいる」とし、「中国人観光客の不足が主因だ」と伝えている。資料写真。

中国のテクノロジー系ニュースサイトの快科技は26日、「日本で免税店の閉店が相次いでいる」とし、「中国人観光客の不足が主因だ」と伝えている。



記事は「突然襲ってきた新型コロナが、日本の免税店に深刻な影響を及ぼし、閉店ラッシュが起きている」とした上で、高島屋がこのほど、東京都内にある傘下の免税店を閉店すると発表したことを紹介した。



そして、その要因として、「訪日客(特に中国人観光客)がいつ日本に戻るか不透明なことなどがある」とした。



また、「新型コロナの発生以来、東京や沖縄、福岡など日本各地で免税店の閉店が相次いでいる」とし、「現時点で完全閉店もしくは閉店計画を発表した免税店は20近くに上る」とも伝えている。(翻訳・編集/柳川)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

モスクワで新型コロナワクチン接種開始別ウィンドウで開きます

世界で初めて新型コロナウイルスの国産ワクチンを承認したロシアの首都モスクワ市で5日、医師や教師を対象としたワクチン接種が始まった。写真は、ロシア産のワクチン「スプートニクV」を投与する看護師(左)。【…[記事全文]別ウィンドウで開きます【関連記事】...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真