Sony

ニュース

先輩の曲を歌い上げて「中指」を突き立てた男性アイドルに賛否両論 少なくとも私たち視聴者は煽られる覚えはないです!

  • 2020年 11月27日 10時15分
  • 提供元:Ballooon
写真はイメージです

写真拡大

写真はイメージです

TABLO

なんだ、てめー?

25日に放送された日本テレビ『ベストアーティスト2020』にて、KAT-TUN・上田竜也さんがカメラに向かって中指を立てるポーズを披露。ファンの間で「上田だからこそ許される」「中指は何があっても立てたらあかんよ」と賛否の声が寄せられているようです。

嵐の櫻井翔さんをMCに、豪華アーティストが集結した日本テレビの生放送特番『ベストアーティスト2020』。ジャニーズからは嵐、KAT-TUN、NEWS、Hey! Say! JUMPなどが出演し、それぞれの曲を交換する形でメドレーを披露しました。

KAT-TUNが担当した楽曲は、嵐の『感謝カンゲキ雨嵐』で、櫻井さんが担当するラップパートは上田竜也さんが歌い上げます。すると……。

かねてより櫻井さんのことを「アニキ」と慕っている上田さん。そんな「アニキ」のラップパートを目の前で見事に歌い切り、櫻井さんもそんな上田さんを笑顔で見守っていました。

しかし、ラップを歌い切る直前、上田さんは寄ってきたカメラに向かって中指を立てるポーズを披露。一瞬の出来事でしたが、ファンの間で物議を醸すこととなっているようです。

ネット上では、

「上田だからこそ許される中指」

「感謝カンゲキ雨嵐で中指立てる上田くんまじでおもしろいwww」

「上田くんの中指立てるのは、みんなのピースと同じなんだよ」

「感謝カンゲキ雨嵐で中指立てられたの生まれて初めてだけど、“上田くんだから”で済む世界素敵」

といった好意的な声がある一方、やはり許される行動ではないとする意見も多く、

「さすがに上田の中指立てたのは無理すぎる〜キャラとか言ってるやつほんとに大丈夫かよ」といった声をはじめ

「上田には一生嵐の曲歌って欲しくない。てか生放送で中指立てる人を地上波に出すなよ」

「今回の上田くんの中指は申し訳ないけど、ネタで許されないだろ。この曲を作った人、歌ってる嵐、曲を大事にしてる嵐ファンに失礼だと思う」

「中指は何があっても立てたらあかんよ。海外ならテレビから追放されるレベルよ」

といった厳しい声も寄せられていました。

上田さんといえば、9月の音楽特番でNEWSの『チャンカパーナ』を披露した際、ダンスを全く踊らず批判が集中したばかり。そういう“キャラ”だからとする擁護も一定数あるようですが、“キャラ”ならなんでも許されるわけではないこと、肝に銘じておいてほしいものです。(文◎絹田たぬき)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真