Sony

ニュース

『ザ・ファブル』続編のビジュアル解禁、岡田准一が“攻めのアクション”メイキング映像も

  • 2020年 11月27日 22時56分
  • 提供元:映画ランド
ザ・ファブル

写真拡大

ザ・ファブル

岡田准一が主演を務める映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』の本ポスタービジュアルが解禁。



2019年6月に公開された映画『ザ・ファブル』の続編にあたる本作。殺しを禁じられて一般人として普通に生きる伝説の殺し屋・ファブル(偽名:アキラ)役の岡田准一をはじめ、木村文乃、佐藤浩市、佐藤二朗、山本美月、安田顕、井之脇海が前作に引き続き出演。ファブルの標的になりながらも唯一逃げ切った男・宇津帆(ウツボ)役に堤真一、過去のある事件をきっかけに心を閉ざした訳アリな新ヒロイン・ヒナコ役に平手友梨奈、宇津帆の右腕となる凄腕の殺し屋・鈴木役に安藤政信が扮する。


本ポスターでは、伝説の殺し屋・ファブル/佐藤アキラ(岡田准一)が険しい表情を浮かべながらも、手には自身が大好きな芸人“ジャッカル富岡(宮川大輔)”のキャンディーを大事そうに持っているというギャップ炸裂な姿をはじめ、銃を持ちセクシーな笑顔でキメるファブルの相棒ヨウコ(木村文乃)、手榴弾を持ち不敵な笑みを浮かべる最狂の敵・宇津帆(堤真一)など、個性爆発なキャラクターたちを演じるキャストの姿が集結。コピーには「最強の殺し屋、最大のミッションー 誰も殺さず、希望を守れ。」と記されており、本作への期待が高まるビジュアルとなっている。


また、メイキング映像では、驚異の身体能力を存分に発揮して危険と隣り合わせのカーアクションに挑む岡田の姿を捉えており、迫力満点の撮影現場の様子がうかがえる。車のスピードや衝突の衝撃に撮影を見守るスタッフが終始圧倒されている中でも岡田は余裕な表情でカメラテストにのぞみ、アクションの難度を自ら高め次々に“攻めのアクション”をこなしていく。


主演としてだけではなく、ファイトコレオグラファーとしてアクションを自ら考え指導する岡田。監督やキャストたちを鼓舞しながら、アクション作りに関しても岡田が真ん中に立つことで、前作を凌駕する“世界基準超え”のアクションが実現している。前作からより一層気合の入った、まさに限界突破アクションの数々に、さらに本編への期待が高まる映像となっている。



映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は2021年2月5日(金)より全国公開


(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真