Sony

ニュース

FIFA男子世界ランキング、中国はアジア9位

  • 2020年 11月29日 21時00分
  • 提供元:Record China
国際サッカー連盟(FIFA)は26日、最新の男子世界ランキングを発表した。中国は変わらずの75位で、アジア9位だった。ワールドカップ2次予選で、中国と対戦したシリアは中国に次ぐ76位、アジア10位となっている。

写真拡大

国際サッカー連盟(FIFA)は26日、最新の男子世界ランキングを発表した。中国は変わらずの75位で、アジア9位だった。ワールドカップ2次予選で、中国と対戦したシリアは中国に次ぐ76位、アジア10位となっている。

国際サッカー連盟(FIFA)は26日、最新の男子世界ランキングを発表した。中国は変わらずの75位で、アジア9位だった。ワールドカップ2次予選で、中国と対戦したシリアは中国に次ぐ76位、アジア10位となっている。中国新聞網が報じた。



最近、国際試合が少ないため、アジアの各国の順位はほとんど変わっていない。アジアトップ10は日本、イラン、韓国、オーストラリア、カタール、サウジアラビア、イラク、UAE、中国、シリアとなっている。アジア首位の日本の世界ランキングは27位だ。



最近、UEFAネーションズリーグ、EURO2020予選プレーオフ、ワールドカップ・南米予選などが開催されたため、欧米諸国の順位は大きく変化している。



世界ランキングトップ6は変わらず首位のベルギーに、フランス、ブラジル、イングランド、ポルトガル、スペインと続いている。アルゼンチンは7位に浮上した。8‐10位は、ウルグアイ、メキシコ、イタリアとなっている。



ドイツは、UEFAネーションズリーグのグループ最終節で スペインに0‐6という大差で負けたものの、順位は少し上がり、13位となっている。(編集KN)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

二大スター共演ドラマ「有翡」がついにフィナ...

拡大 昨年12月に配信開始されたドラマ「有翡」が最終回を迎えた。放映開始が待ち望まれていた作品であることから、その終了を惜しむ声も多い。 チャオ・リーイン(趙麗穎)とワン・イーボー(王一博)主演の武侠ドラマ「有翡」(原題)が、ついに最終回を迎...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真