Sony

ニュース

中国高速鉄道が初のまるごと輸出、インドネシアはなぜ日本を選ばなかったか―中国メディア

  • 2020年 12月01日 07時20分
  • 提供元:Record China
29日、新浪財経は、インドネシアが日本ではなく中国をパートナーに選んだ高速鉄道建設が順調に進んでいることを報じた。資料写真。

写真拡大

29日、新浪財経は、インドネシアが日本ではなく中国をパートナーに選んだ高速鉄道建設が順調に進んでいることを報じた。資料写真。

2020年11月29日、新浪財経は、インドネシアが日本ではなく中国をパートナーに選んだ高速鉄道建設が順調に進んでいることを報じた。



記事は、中国企業が受注したインドネシアのジャカルタ―バンドン高速鉄道に用いられるレール8000トンが28日午前、広西チワン族自治区の防城港から出発したと紹介。半月後にはインドネシアに到着し、2021年完成予定の同高速鉄道の建設に用いられると伝えた。



そして、同高速鉄道について全長142.3キロ、設計最高時速350キロを誇る高規格鉄道であるとともに、中国がすべてのシステム、要素、生産チェーンをまとめて輸出する最初のプロジェクトであると説明した。



その上で、海上の交通の要衝であるインドネシアには潜在的なインフラ建設のニーズがあるとして、ライバルの日本もかねてより注目しており、2014年から19年の間に日本がインドネシアに対して252億ドル(約2兆6000億円)の投資を行ったと紹介。一方で昨年の投資額だけを見ると、中国が47億ドル(約4900億円)で日本の43億ドル(約4500億円)を初めて上回ったと伝えている。



記事は最後に「日本企業が請け負ったベトナム、インドの高速鉄道プロジェクトが今なお遅々として進まないという点から見ても、当時のインドネシアがどうして日本を捨て、高速鉄道プロジェクトを中国企業に任せたのか理解に難くない」と評した。(翻訳・編集/川尻)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

黄河源流の冬景色、まるで絵のような静寂の中...

厳冬を迎え、「千湖美景」と讃えられ、黄河の源流である青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多県には、静寂のなか、まるで絵のような景色が広がっている。中国新聞網が伝えた。 ドゲツァオナ湖の夜空は、人々を陶酔させるような美しさをたたえている。平均標高が約4...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真