Sony

ニュース

中国のサッカークラブの多くが名称変更か=脱商業化で「改名令」―中国メディア

  • 2020年 12月04日 16時40分
  • 提供元:Record China
3日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、サッカーの中国スーパーリーグのクラブが「脱商業化」に向けて名称の変更を迫られていると報じた。

写真拡大

3日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、サッカーの中国スーパーリーグのクラブが「脱商業化」に向けて名称の変更を迫られていると報じた。

2020年11月3日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、サッカーの中国スーパーリーグのクラブが「脱商業化」に向けて名称の変更を迫られていると報じた。



記事は、中国サッカー協会が先日、来期の同リーグ参加クラブに対して「中性的な名称」を採用することを義務付けたと紹介。「中性的な名称」とは、親会社や関連会社の商号や名称を盛り込まない名前を指し、優勝経験を持つ蘇州蘇寧、アジアチャンピオンズリーグ(AFC)で2度の優勝に輝いた広州恒大や上海上港といった強豪クラブも改名の対象になっていると伝えた。



そして、協会による「改名令」に対して一部サポーターからは不満の声も出ているとし、すでに22年間国有企業名を名称の一部に使用している天津泰達のサポーターが「このクラブ名はわれわれの生活の一部であり続けてきた。使えなくなるのは本当に悲しい」と語り、武漢市のデベロッパーを親会社に持つ武漢卓爾の若いサポーターも「悲しいし憤りを覚える。みんなこの名前を親しみ持ち、叫んできたのに」との心境を吐露したと紹介している。



一方で、一部のクラブでは改名に向けてすでに新名称案をサポーターから募集する動きを始めており、SNS上ではサポーターによる議論が繰り広げられているとした。また、あるサポーターからは「広州富力と広州恒大は、名称を交換すればいい。そうすれば『親会社に関係ないクラブ名』になるじゃないか」というユニークな案も出されていると伝えた。(翻訳・編集/川尻)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

日本の2歳の歌姫をカバーした少女時代メンバ...

2021年1月20日、韓国で日本の“2歳の歌姫”村方乃々佳ちゃんへの誹謗(ひぼう)中傷が問題となる中、ガールズグループ少女時代のテヨンが乃々佳ちゃんの歌のカバー動画を公開し、さらに波紋が広がっている。 乃々佳ちゃんは第35回「童謡こどもの歌コンク...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真