Sony

ニュース

【フォーミュラE】アウディとBMWがワークス活動撤退を決めた理由とは

  • 2020年 12月04日 17時01分
  • 提供元:Ballooon

ココカラネクスト

 電動車シリーズのフォーミュラE(FE)で米自動車メーカーのアウディとBMWが次の2020/21年シーズンを最後にワークス活動を打ち切ると相次いで発表した。

新シーズンの新フォーミュラEマシンを発表したアウディ(アウディ提供)


 これまで徐々に参戦メーカーが増えて、現状ではアウディ、BMWのほか、日産、メルセデス、ポルシェ、DSオートモビルズ、ジャガー、マヒンドラ、ペンスキー、NIOの計10社がしのぎを削っており、撤退表明は初めて。来年1月に開幕する新シーズンから世界選手権に格上げとなり、電気モーターを使う未来型モータースポーツの旗手として最高峰のF1に取って代わると期待されていたが、一転して将来が不安視されるようになった。

 BMWは撤退の理由として「e-ドライブトレインの開発に関して、BMWグループはフォーミュラEの競争環境での技術継承の機会を実質的に使い果たした」とコメント。BMWの発表の2日前には、アウディがFEのプロジェクトをワークス活動からカスタマーチーム支援へと業態変化させると発表し、同時に電気自動車でのダカールラリー参戦と、ハイブリッドシステムのハイパーカーによる仏ルマン24時間レースなどへの復帰の可能性を表明した。

 e-ドライブトレインとは電気モーターや電気を直流から交流に変換するインバーターなどのことを指す。特にBMWのコメントをみると現行のFEでは電気モーターの技術を進化させるのは難しいと判断したと受け取られてもおかしくない内容だ。

 実際にレースの勝負はドライバーのテクニックのほかに、いかに燃費ならぬ電費をセーブしてゴールできるかにもかかっている。バッテリーは各チーム共通のため、独自開発できるのはパワートレインやソフトウエアのコントロール技術の部分。バッテリーから電気をどれだけ効率よくモーターに変換できるかは量産車にも活用できるとは思うが、FEでは、そこに限界を感じたということか。

フォーミュラEに参戦中の日産のマシン(日産提供)


 辛口コメントで知られる元F1ドライバーのタキ井上(井上隆智穂)氏は自身のツイッターで「電気自動車レースは、世界の自動車メーカーにとって、一応やってみたが、やはりダメだいうことだと考える(汗)! しかし、一応やってみたということが、大切であって、やりもせずにダメだと言っているのと大きな違いがある!!」と指摘した。

 FEがF1と大きく異なるのは排ガスが出ないが、排気音もエンジン音も出ないという点だ。電動車は音が静かで、キュルキュルというモーターやインバーターの音がわずかに響くだけ。どちらかというタイヤがきしむ音の方が大きい。過去には海外のFEレースに取材に行ったが、全戦が市街地レースというレースフォーマットは大きな魅力ではあるが、エンジンサウンドに聞き慣れているモータースポーツファンにとっては少し物足りないのでは、とも感じてしまった。

 化石燃料を使った自動車はいずれはなくなる運命にあるとされるが、モータースポーツが電気自動車主流の世界になった場合、現在のようなスタイルのスポーツエンターテインメントとして果たして生き残っているだろうか。すぐには答えは出ないだろうから、じっくりと行く末を注視していきたい。

[文・写真/中日スポーツ・鶴田真也]

トーチュウF1エクスプレス(http://f1express.cnc.ne.jp/)


※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

砂糖以外の身体にいい甘味料って?

ココカラネクスト 精製された白砂糖が健康に良くないとされるようになってから、ハチミツやメープルシロップなどの天然甘味料を使う人が増えているようです。白砂糖とどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴をご紹介します。 白砂糖が健康に良くな...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真