Sony

ニュース

PSGのディ・マリア、新天地としてユーベ移籍の可能性も…

  • 2020年 12月04日 18時00分
  • 提供元:Ballooon

FOOTBALL TRIBE

アンヘル・ディ・マリア 写真提供: Gettyimages

 パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアは同クラブを退団し、新天地へと移籍する可能性があるようだ。3日、イタリア紙『カルチョメルカート』が報じている。

 同紙によると、ディ・マリアとPSGとの契約は2021年までとなっているものの、PSGは未だ契約延長のオファーを提示していない模様。また、同紙はディ・マリアと同クラブのトーマス・トゥヘル監督の関係性にも疑問を投じている。

 そのため同紙はディ・マリアが今シーズン限りでPSGを退団する可能性に言及しており、新天地の候補としてユベントスの名前を挙げている。ユベントスはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやディ・マリアの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏と良好な関係を築いており、ディ・マリアがPSGとの契約更新を行わなかった場合、優位に交渉を進める可能性が高いようだ。

 しかし、同紙は続けてディ・マリアの給与を問題点としており、ユベントスが来年33歳を迎える同選手に対して年俸1300万ユーロ(約16億5000万円)を用意することは現実的ではないだろうとしている。

 直近のインタビューではPSGでのヨーロッパキャリアの終了を示唆していたディ・マリア。はたして同選手は来シーズン、新天地でプレーすることになるのだろうか。


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真