Sony

ニュース

〈一帯一路実践談46〉小島の17の「最」

  • 2020年 12月05日 16時20分
  • 提供元:Record China
前回は焦健氏「最も不思議な外国人」から「変人」ぶりを抜粋したが、今回はその続き。写真は盛春寿文物局長と小河墓遺跡調査隊を慰問し回向。

写真拡大

前回は焦健氏「最も不思議な外国人」から「変人」ぶりを抜粋したが、今回はその続き。写真は盛春寿文物局長と小河墓遺跡調査隊を慰問し回向。

前回は焦健氏「最も不思議な外国人」から「変人」ぶりを抜粋したが、今回はその続きで「小島氏新疆訪問30周年記念大会」の記念誌『大愛無疆』の日本語版『大きな愛に境界はない』(趙新利早稲田大学博士訳・日本僑報社2013)で楊新才氏(新疆日報高級記者)が「小島の17の『最』」を記しているので、「変人」ぶりを抜粋紹介したい。



「新疆訪問回数が最も多い外国人。最も早く最も長く新疆に寄付した外国人。最も早く新疆で奨学金を設立した外国人。新疆指導者と会見した回数が最も多い外国人。中国政府の許可をえて最初にニヤ遺跡調査を正式実施した外国人。最も早く小河墓遺跡に許可をえて到達した外国人。新疆政府の許可をえて最も早くベデル峠に到達した外国人。新疆政府の許可をえて最も早くダンダンウイリク遺跡に到達した外国人」。

これらの「許可をえて」は19世紀末から20世紀初頭に諸外国の探検隊が「許可をえず」新疆の遺跡を調査し文化財を持ち出した歴史を踏まえての表現である。ベデル峠は玄奘三蔵がインドへの求法の旅で越えたと仮説のある天山山脈の峠4269m(百度)。筆者は2度行った。安田順恵薬師寺執事長夫人ら案内と役所広司氏を案内したテレビ東京番組で。



「新疆で最もメディアに注目される一般外国人。新疆で最も多く講演した外国人。国家文物局(文化庁相当)の発掘許可を取得した最初の外国人。最も勇敢な外国人の一人」。この中の「一般外国人」は、菅首相や特朗普(トランプの中国側音訳)大統領といった著名人でなく、ごく普通の外国人であるから。講演ではPPTで日本を紹介し、日本理解を促進している。「勇敢な」では中国でサーズが流行し国際線も北京空港もガラガラの時にも新疆を訪問したことや東日本大震災時に福島第一原発立入禁止地点で誦経したことが記されている。

「最も多く表彰された外国人。新疆広報に最も力を入れている外国人。新疆と日本間の仲介を最も多くした外国人。新疆訪日代表団を最も多く招聘・接遇した日本人。日本の代表団を最も多く新疆へ送った日本人」。これらについては既にこの「実践談」で紹介した。



合わせて、「変人」理解の一助になればと、「あだ名」を紹介。「小隊長」:筆者は日本側隊長であるが、姓が小島であり、160cmと小柄なためにこう呼ばれることも。「ゴミ隊長」:環境保護のため、調査最終日には日中双方に呼びかけ、BC周辺に散らばったゴミ掃除を行うので。「沙漠の案内人」:広大なニヤ遺跡を知りつくしているので。「花和尚」(破戒坊主):酒も飲み肉も食べる僧侶だから。「小鉄木尓」:新疆発展に尽力した鉄木尓・達瓦買提新疆政府主席より弟のようだと言われて。「現代の阿倍仲麻呂」:人民日報が報道、恥じ入るばかり。(小島康誉)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

黄河源流の冬景色、まるで絵のような静寂の中...

厳冬を迎え、「千湖美景」と讃えられ、黄河の源流である青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多県には、静寂のなか、まるで絵のような景色が広がっている。中国新聞網が伝えた。 ドゲツァオナ湖の夜空は、人々を陶酔させるような美しさをたたえている。平均標高が約4...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真