Sony

ニュース

社会

宇高航路109年の歴史に幕…「感謝の気持ち」特別に長い汽笛で別れ

宇野港(岡山県玉野市)と高松港(高松市)を結ぶ宇高航路で唯一運航していた四国急行フェリーが15日、最後の航行を終えた。これにより本州と四国の海の大動脈だった宇高航路は、109年の歴史に幕を閉じた。  大勢の人が乗り込んだ最終便は、午後7時50分頃に高松港を出航。「感謝の気持ちを込めた」(同フェリー)という特別に長い汽笛が鳴ると、乗客からは「ありがとう」という声が何度もあがり、港に詰めかけた人たちが手を振った。  同航路は、1910年に鉄道用の連絡船「宇高連絡船」が就航したのが始まり。88年の瀬戸大橋開通により、...

[記事全文]

日EU、英国離脱への対応で連携別ウィンドウで開きます

【マドリード共同】茂木敏充外相は訪問先のスペイン・マドリードで15日午後(日本時間同)、欧州連合(E...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

学校通う意思がなくても「出席扱い」に…フリースクールなどの不登校生支援

不登校の小中学生の増加を受け、文部科学省は支援のあり方を見直す方針を打ち出した。フリースクールなどで学ぶ不登校生を学校に出席したと扱う場合、これまでは本人に再び学校へ通う意思があることを前提としていたが、通う意思がなくても校長の裁量で決められることを通知した。不登校生の多様な進路を確保するため、学校現場の意識改革を促す狙いがある。  文科省によると、2018年度に病気や経済的理由を除いて年30日以上、小中学校を欠席した児童生徒は6年連続増の約16万人で、過去最多となっている。  文科省は過去の複数の通知で▽フリ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真