Sony

ニュース

国際

<羅針盤>京都の師走は華やかに「吉例顔見世・東西合同大歌舞伎」=外国人客も...

京都で育った私は、京の町並みや風情に温かさを感じる。お寺や神社が多い京都は自然に恵まれ伝統的な祭りや催しも多く、四季を愛でることがたやすくできる。新幹線が東山トンネルから出た途端に広がる瓦屋根の民家の風景に、いつ行ってもやすらぎを憶える。

1月は初詣、2月は節分、天神の梅花祭、3月は涅槃会、4月は都をどり、5月は葵祭、鴨川、7月は祇園祭、8月は大文字、10月は時代祭と続き、一段と華やかさを増すのが師走の12月。顔見世で始まり、最後は31日のお寺参りで新しい年を迎える。京都はまさに文...

[記事全文]

堂園まりこ個展別ウィンドウで開きます

日本ギャラリーでは12月12日(木)〜17日(火)、ジュエリー作家兼画家の堂園まりこ氏の個展「COL...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

注目の情報

ニュース写真