Sony

ニュース

文化・科学

井山裕太十段、十段戦第4局で敗れ四冠に後退

囲碁の第57期十段戦五番勝負(産経新聞社主催)第4局が19日、大阪市北区の日本棋院関西総本部で行われ、挑戦者の村川大介八段(28)が井山裕太十段(29)に226手で白番中押し勝ちし、シリーズ3勝1敗でタイトルを奪取した。井山十段は棋聖、本因坊、王座、天元の四冠に後退した。  関西棋院所属の村川新十段は兵庫県出身。2002年に入段し、14年に王座のタイトルを獲得した経験がある。今回の戴冠たいかんを受けて20日付で...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真