Sony

ニュース

経済

コンビニ店舗数、初の減少…大手は新規出店抑制に

日本フランチャイズチェーン協会は20日、2019年12月末の全国のコンビニエンスストア店舗数が速報値で5万5620店だったと発表した。前年末の5万5743店に比べ、123店(0・2%)減少した。比較可能な05年以降、年末の店舗数が減少に転じるのは初めてだ。  店舗数が減少したのは、加盟店1店あたりの売り上げが伸び悩むようになり、大手各社が新規出店を抑制する方向にかじを切ったためだ。出店を増やして売り上げを伸ばすビジネスモデルは転換期を迎えている。  協会は、セブン―イレブン・ジャパンやファミリーマート、ローソン...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真