Sony

ニュース

政治・社会

中国最大手銀行がトランプタワーの専有面積縮小へ、悩むトランプ・オーガニゼー...

2019年1月17日、米華字メディアの多維新聞がブルームバーグの報道を引用して伝えたところによると、中国最大手の中国工商銀行が、トランプタワーでの専有面積を縮小するという。

記事によれば、中国工商銀行は「資産規模では世界最大の銀行」であり、トランプタワーにとって最大のオフィステナントの一つ。現在同タワーの3フロアを使用しているが、賃貸契約が終了する今年10月に、幹部のオフィス向けに1フロアを残して撤退する予定だという。

また記事は、ある関係者が「工商銀行は...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真